ホームへ戻る | メルマガ登録・バックナンバー | 無料レポート | 質問・お問合せお気に入りに追加




HSBCオフショア口座は、海外での資産運用に最適です!日本に居ながら開設できます!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




トップ(目次ページ)へ戻る

--/--/-- --:--


| top▲


ペナルティを取られないための簡単な方法
今年から始まったペナルティ徴収ですが、不評ですね。

皆さん、対応に悩んでおられるようです。

このペナルティ(月間平均預金総額が25000英ポンド相当に満たなければ翌月20ポンドのペナルティがかかる)を避ける方法は以前ご紹介しましたが、新情報が入りました!

別にファンドを購入しなくても、何と定期預金でもペナルティ免除となります。ただし定期預金口座のみの保有でなければなりません。

つまり、オフショア・ファンド・アカウントなどの当座口座やシリアスセイバーなどの普通口座を持っていれば、総額25000ポンド以下ならペナルティはかかります。

ですから、定期預金に全ての資金を入れ、他の当座、普通口座はクローズしておく必要があります。

例えば、米ドル定期口座に10000ドル持っているとします。
これは英ポンドに換算すると約5000ポンド弱にすぎない額です。
しかし、その他に普通、当座口座を一切持っていなければ、毎月のペナルティはかかりません。

しかし、いつかこの定期口座を解約するとき、また当座、あるいは普通口座を開設しなければなりません。
そのときの総残高が25000ポンド以下ならペナルティを引かれることになります。

でもすぐに必要な資金でないなら満期ごとに定期を繰り返していけば利息がついていくので、いずれ25000ポンド以上の額になるでしょう。(何年先になるかは人それぞれですが・・)

ファンド購入はハードルが高そうですが、定期預金なら簡単です。
ぜひ皆さんも検討してみてください。

スポンサーサイト




トップ(目次ページ)へ戻る

テーマ=海外口座 - ジャンル=株式・投資・マネー

2007/02/17 01:52


トラックバック(0) | コメント(1) | top▲




| Top |
-- charset="euc-jp">