ホームへ戻る | メルマガ登録・バックナンバー | 無料レポート | 質問・お問合せお気に入りに追加




HSBCオフショア口座は、海外での資産運用に最適です!日本に居ながら開設できます!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




トップ(目次ページ)へ戻る

--/--/-- --:--


| top▲


口座開設申請書の入手手順の変更について
口座開設申請書のダウンロード方法が変更されています。
いつ変更されたのかはっきり分かりませんが、ごく最近のハズです。


以前はHSBCオフショアのホームページの申請書ダウンロードボタンをクリックすればPDF形式のファイルがすぐにダウンロードできたのですが、現在は「DOWNLOAD」ボタンをクリックしてもすぐに申請書様式はダウンロードできず、ここで名前や住所、電話番号、メールアドレスといった個人情報を入力する画面が現れます。

ここで求められた情報を入力し、送信することで初めて申請書様式がダウンロードできるという流れだと思います。

実は1年ほど前までは申請書の入手方法はこの方式でした。

さらにその前はインターネットでのダウンロードなどなく、ファックスや電話で先方に郵送してもらうしかありませんでした。
もちろん、ファックスや電話で郵送依頼する方法は、現在でも有効ですが、申請書を手にするまでかなり日数がかかると思われますので、やはり面倒でもネットでのダウンロードを試みることをオススメします。


手順は、まずホームページにアクセスしてから「current accounts」のタブをクリック。

Offshore Bank Account の横の APPLY をクリック。

下方の Offshore Bank Account or ~ の下のDownload をクリック。

ここで空欄に個人情報を入力します。

注意点として、住所はコンマなどの句読点は一切使わず、文字とスペースのみ使用します。
また電話番号は、数字のみ使います。スペースや - などの記号は使ってはダメです。

入力終わったら一番したの SUBMIT をクリック。

その後は私は進めないので分かりませんが、恐らくダウンロードボタンが現れるか、送った個人情報にあるEメールアドレス宛にメール添付で送られてくるかのどちらかだと思います。


ところで、私のHSBCオフショア口座開設マニュアルですが、3月31日24:00で販売を終了させていただきます。
まだ検討中の方はぜひお早めにどうぞ。
⇒ 本気でHSBCオフショアに口座を開きたいなら・・

スポンサーサイト




トップ(目次ページ)へ戻る

テーマ=海外口座 - ジャンル=株式・投資・マネー

2008/03/22 17:59


トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


HSBCへの送金ですが、専用の用紙で送金するように言われました。
<ご質問>
HSBCオフショアに口座開設できました!ありがとうございました!
ところでウエルカム・メールの中に次のような文章がありました。
今ひとつ意味がわからないので、お教え頂こうと思いメール致しました。

---------------------------------------
Attached is a link to a Payment Instruction Template.

~指定の用紙へのリンク~

which can be used to remit funds to your new account to
achieve the minimum opening balance of £5,000.
Further information regarding the remittance of funds can be
found online at
the Welcome website at section 4.
Please ensure that you fully complete all details required
before sending this form to your current bankers.
----------------------------------------


<回答>
口座開設、おめでとうございます!!

さて、PINとPBNがそったらネットバンキングへの登録(Register)を行ってください。
これができれば、口座の仮開設は完了しているということなので、送金しても大丈夫です。

確かにHSBCオフショアは、添付のPDFにある用紙にて金融機関から送金するように言ってますが、実際には日本の金融機関ではこの様式は受け付けてくれません。

シティバンクでもダメなようです。

なので、この用紙は無視して、各金融機関に準備してある依頼書を使ってください。





トップ(目次ページ)へ戻る

テーマ=海外口座 - ジャンル=株式・投資・マネー

2007/02/17 12:08


トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


共同名義口座を開く場合について質問です。
<ご質問>
HSBCオフショアに夫婦共同名義で口座開設を考えています。
以下、教えてください。

(1)共同名義の場合、サイン以外はどちらか1人が全部書いてかまいませんか?

(2)居住年数が3年未満の場合詳しい前住所を添付書類に加えるとありましたが、前住所を証明する書類を用意しなければならないのですか?具体的にどのようなものを添付するのですか?

(3)行政書士の方に認証を頼む場合、Gyouseisyoshiと書かない方がいいのなら、実際に何と書いてもらえばいいのですか?

(4)必要書類についてですが、新生銀行のステートメントに住所が記載されているので住所証明も兼ねられるとして各人1通づつ、あとはパスポートの認証コピーだけでいいと解釈していいのでしょうか?
もうひとつ必要とするならばソニー銀行の英文残高証明書(住所記載のもの)は使えますか?また、第一名義人だけでいいでしょうか?


<回答>
(1) はい、OKです。

(2) 口座開設の注意事項にはそのように書かれていますが、ここは今の住所に3年以上住んでいるということにしておけばいいと思いますが。。自己申告しない限り、向こうが確認する方法はありませんし。どうしてもというなら、前住所からの転入の情報が載った住民票(転入証明?)を英訳、認証するしかないでしょう。

(3) 単に Lawyer でOKです。

(4) 9月からHSBCオフショアの口座開設環境にかなり変更があり、私の理解では共同名義の場合、
・身分証明(パスポート)を両名分、
・住所証明を両名1つずつ
・住所が同じなら銀行のステートメントはどちらか1名分

の4つの書類が必要、ということになるようです。
  
ただ、この場合はお2人とも銀行のステートメントを準備するということでちょっと複雑ですね。

あと、住所証明書は、「異なる出所」からのものが基本なので、お2人とも新生銀行のものだとダメかもしれません。ですから、それぞれのパスポートプラス、一人が銀行のステーメント、もう一人が別の出所からの住所証明書類、というのが無難かと思います。

ただ、私も「口座開設の注意書き」を読んでも今ひとつはっきりと分かりません。

ですから、はっきりしたいなら、HSBCオフショアへメールで問合せてみてください。
あて先は offshore@hsbc.com です。

<参考文例>

Dear Sir or Madam

I am planning to apply a joint account with my wife.

I am now trying to prepare the following documents for attachement.

* Certified copy of the passport (For mine and my wife's)
* Certified copy and translation of bank statement
     (For mine and my wife's)
     (We will use statement from the same bank.)

I would like to have your advise if there is any problemin our preparation.

Thank you for your kind attention.

Best Regards,

(あなたお名前とメールアドレス)


※@@@@のところには準備できそうな書類名を入れてくださいね。





トップ(目次ページ)へ戻る

テーマ=海外口座 - ジャンル=株式・投資・マネー

2007/02/17 12:00


トラックバック(0) | コメント(0) | top▲




| Top | Next
-- charset="euc-jp">