ホームへ戻る | メルマガ登録・バックナンバー | 無料レポート | 質問・お問合せお気に入りに追加




HSBCオフショア口座は、海外での資産運用に最適です!日本に居ながら開設できます!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




トップ(目次ページ)へ戻る

--/--/-- --:--


| top▲


HSBCオフショアのホームページを読んでみよう!
HSBCオフショアの口座に興味があるなら、まずはホームページを自分で読んでみましょう。

「英語なんて読む気がしない」という人もぜひチャレンジしてみてください。
海外口座を自分で持ちたいなら、英語を避けてばかりでは前に進めません。

100%理解する必要はありませんし、だいたい分かればまずはOK。
それにホームページに親しむことで、どんな銀行か雰囲気をつかむことができます。

そこで、今日はトップページをざっと説明しておきますね。
HSBCオフショアのトップページへアクセスすると、次のような画面が出ます。

HSBCオフショアトップ


①のタブから見たい項目を選ぶようになってます。
下の④でも項目は同じなので、どちらで選んでも同じページに飛ぶようになってます。

銀行口座開設に興味があるなら、①で"Current accounts"を選び、そこから「 OFFSHORE BANK ACCOUNT 」を読むことになります。

ちなみに③の左端にも「 OFFSHORE BANK ACCOUNT 」という項目がありますので、どちらでもおなじです。 


②は宣伝スペースです。
今イチオシのキャンペーンなどがここに載ります。けっこう頻繁に更新されますよ。


⑤はネットバンキングへのログオンに使います。


⑥はいろんな資料をPDFでダウンロードできます。


⑦は情報を検索するツールです。
特に "Products by currency" で興味ある通貨を選択してGOするといろんな口座の(その通貨での)金利などの目安が分かるようになってます。


さらに詳しい説明はまた順にアップしていきますね!
スポンサーサイト




トップ(目次ページ)へ戻る

テーマ=海外口座 - ジャンル=株式・投資・マネー

2007/03/19 00:02


トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


ネットバンキングで資金を移動させるとき、金額指定方法が2つあるのですが・・
<ご質問>
オフショア・バンク・アカウントが開設でき、送金した資金も無事
入金ました。(ネットバンキングで確認できました!)

そこで、ネットバンキングにて定期口座を開設し、オフショア・バンク・アカウントの資金の一部をそちらへ移動させたいのですが、移動金額の指定欄は、「Amounto to transfer」 と
「Amount to deposit」の2つあります。どのように指定すればいいですか?


<お答え>
定期口座へ資金を移動させるときに限らず、自分のオフショア口座
内で資金を移動させるときにはこのように2つの指定方法が
ありますが、どちらか一方を選んで指定します。

「Amounto to transfer」は直訳すると「送金額」です。ですから移動元の口座通貨で額を指定します。

「Amount to deposit」は直訳すると「入金額」です。移動先の口座通貨で額を指定します。

どちらでも指定できますが、どちらが便利かは状況しだいです。


元の口座から移動させたい額が決まっているなら「Amounto to transfer」が便利です。

例えば、米ドル口座からユーロ口座へ資金を移動したいとします。
このとき、指定した金額から為替両替手数料を差し引かれた金額がユーロに換算されて移動先の口座に入金されます。

ここであえて「Amount to deposit」で指定するならユーロで入力します。
この場合、指定した額通りの金額が入金されますが、移動元の口座からは、指定した額(ユーロ)を米ドルへ換算した額(米ドル)に為替両替手数料がプラスされた額が引かれることになります。


具体的には、例えば米ドル口座に20,000ドルの残高があり、これを全部ユーロ口座に移したいとします。

この場合は、「Amounto to transfer」 で指定するのが簡単です。そのまま20,000と入力するだけですから。
(ただし、この20,000ドルより為替両替手数料を引かれた額がユーロ口座へ入金されることに注意)

「Amounto to deposit」で指定しようとすると面倒です。
このときの為替手数料を自分で予想して、それを引いた額をユーロに換算して入力しないといけません。
ですから、ぴったり20,000ドルを元の口座から移動させるのはかなり面倒です。


逆に、移動先の口座への入金額が決まっている場合には「Amount to deposit」が便利です。10,000ユーロちょうどを入金したいなら、10,000と入力するだけです。

もしこれを「Amount to transfer」で指定するのはややこしいことになります。


最後に、移動元、移動先とも同じ通貨の口座の場合ですが、このときは為替両替手数料を考えなくてもいいので、どちらで指定するにしても簡単です。好きな方を使ってください。





トップ(目次ページ)へ戻る

2006/11/10 20:38


トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


(FAQを読む-7)プレミアサービスって?
☆HSBCオフショアサイトのFAQページを英語で読むには
 ⇒ HSBCオフショアFAQページ



今回のQ&Aは6つ目の続きです。

-----------------------------------------
(Q) What is the minimum deposit required for Premier services ?

(A)
・Benefit from preferential rates and your own Relationship Manager.
・Minimum required to be held in savings and investments with us
: £60,000(or currency equivalent)
-----------------------------------------


訳します。

-----------------------------------------
(Q)HSBCオフショアでのプレミア・サービスを受けるのに必要な最低必要額はいくらですか?

(A)
・(通常口座よりも)より有利なレートが適用されます。顧客ごとに担当者(リレーションシップ・マネージャー)がつきます。
・HSBCオフショアの銀行口座を通じた預金や投資額の合計が6万ポンド(またはこれ相当額の外貨)以上ないとこのサービスを受けられません。
------------------------------------------

解説します。

プレミア・サービスというのは、通常よりも優遇されたサービス、ということです。

HSBCオフショアのプレミア・サービスは、6万ポンド、つまり約1千2百万円以上の取引がないと受けることはできません。

システムは通常口座と同じですが、

・両替の際、より有利なレートを受けられる。
・利息についても、より有利なレートが適用される。
・クレジットカードを、米ドルやその他の通貨でも作ることができる。
・クレジットカードの利用限度額も大きく、キャッシング額も大きく返済金利レートも有利。
・担当者が付く。

などの優遇があるようです。

私は預金/投資額がまだまだ及ばず、プレミア・サービスは受けたことがないのですが、担当者がどの程度のことをしてくれるのかはよく分かりません。
(どなたかプレミアの方、教えていただければうれしいです。)

通常口座を持つだけの人ならクレジットカードは英ポンドでしか持てませんし、米ドルではデビットカードが持てるだけ。その他の通貨建てのカードは持てません。

ですからクレジットカードに関しては、プレミアにグレードアップするとかなり自由度が高くなるといえます。


⇒ FAQを読む、目次ページへ





トップ(目次ページ)へ戻る

テーマ=海外口座 - ジャンル=株式・投資・マネー

2006/05/03 17:11


トラックバック(0) | コメント(0) | top▲




| Top | Next
-- charset="euc-jp">