ホームへ戻る | メルマガ登録・バックナンバー | 無料レポート | 質問・お問合せお気に入りに追加




HSBCオフショア口座は、海外での資産運用に最適です!日本に居ながら開設できます!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




トップ(目次ページ)へ戻る

--/--/-- --:--


| top▲


友達の使った申請書様式を使えますか?
(注)2006年10月、口座開設ルールの変更に伴い、他人の入手した申請書も転用可能になりました。

以下、参考までに以前の記事を残しています。↓↓↓


<ご質問>
知人がマン島にHSBC口座開設し、薦められたので、私も書類一式を申し込みました。

知人は事前にHSBCへメール問い合わせをしていたせいか、一週間ほどで返事が来て、開設となりましたが、私のほうは、早や3ヶ月経ちました。

遅い遅いと聞くものの、やっぱり不安です(笑)。
申込書は知人からダウンロードしたものを頂き使いました。

仮に書類に不備があったとした場合、連絡はあるのでしょうか?
それともこちらから問い合わせない限り、そのままで終わってしまうのでしょうか?

<お答え>
申込書は、自分で入手するのが基本です。
他人が入手したものは、使えないと思います。

HSBCオフショアでは、申込書の依頼を受けると、各申込書に管理No.をつけて依頼者へ送付します。

サイトで申込書をダウンロードする場合も、依頼画面で簡単なプロフィールを入力します。
そのプロフィールにはEメールアドレスも必須となっており、そのEメールアドレスに、ダウンロードした申込書の管理No.を送ってきます。

そして、このNo.をダウンロードした申請書に記入してはじめて有効な申請書となります。

例えば、Aさんが自分のプロフィールを伝えて管理No.012345 の申込書を手にしたとすると、この申込書(No.012345)を使えるのは、Aさんだけです。

HSBCオフショアでは、この管理ナンバーで申請中の人のプロフィールを管理してます。

ですから、Aさんが別の管理ナンバーで申請したり、別の人がこのNo.012345で申請してもダメだと思います。

それと、メールで何か問合せする場合も、名前とともにこの管理ナンバーを添える必要があります。
なので今から問い合わせるにしても、ちょっと苦労するかもしれません。

では、これからどうすればいいか、ですが・・・、とりあえずダメもとで、3ヶ月前の申請がどうなったのか問合してみましょう。

もし自宅にFAXがあれば、FAXで問い合わせるのをオススメします。現在、HSBCオフショアは、メールでの一般問合せには非常に反応が悪いからです。

申請書準備中の人なら、上記の自分の管理No.(Potential Number といいます)を添えてEメールすることで確実に返答が得られるのですが・・・。


<参考文例>

Dear Sir/Madam,

3 monts ago, I sent my application form for opening
new account.

I would like to know the status of my application.

Actually, I am worrying that there might be a problem
in my application because I used the form which was
provided by my friend.

If that was the case, kindly give me an advise how to
apply correctly.

If possible, I would like to have a reply by e-mail.

E-mail: (メールアドレス)
FAX : 0081-(市外局番のゼロを取った番号)

Please do not contact me by telephone because I am not
confident in English conversation.

Thank you for your kind attention.

--- My profile ---
ご自分の名前、住所など、申請書に記入したのと同じ
情報を記入してください。
できれば、申請書のコピー(第1名義人の名前ページ)を
一緒にFAXしたほうが確実です。
------------------

<ここまで>

多分、これで何か返答がくると思いますので、それを見てから次の手を考えるとよいでしょう。

電話で問い合わせることができればベストですが、ここでは英会話に自信がない方として参考文書きました。(違ったらごめんなさい。)

以前送った申請書と添付書類に不備がなければそれをそのまま受け付けてくれる見込みもあるかと思いますので、あきらめないでくださいね。

それでは、また何か分からないことがありましたら、メールください。遠慮は無用ですよ(^^)!

ケリー

<関連記事>
 ⇒ ポテンシャル・ナンバーって何ですか?
 ⇒ ポテンシャル・ナンバーはどうやって入手しますか?

スポンサーサイト




トップ(目次ページ)へ戻る

テーマ=海外口座 - ジャンル=株式・投資・マネー

2006/07/30 06:16


トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


クレジットカードの請求書は住所証明書類として有効ですよね!?
<ご質問>
はじめまして。
新しい世界ってまぶしいですね。

HSBCオフショア口座開設に当たり、住所証明書類で「クレジットカードの請求書」を考えています。
カードはVISAですが、発行会社は別(クレディセゾン)です。
請求書にはVISAと書かれてないので、有効かどうか不安です。


<お答え>
メール、ありがとうございます!

ご質問の件ですが、私の感覚では残念ながらダメだと思います。

ただし、私もよく類似の質問をいただくのですが、正確にはHSBCオフショアに問い合わせてみないと分かりません。

あくまで、判断するのはHSBCオフショアですから。

いままで私がダメだろうと思っても、実際はOKだったケースもあります。

例えば、衛星放送の請求書とか、住民票とか。。

お問合せのカードの場合も、クレディ・セゾンに英語で○○さんについての確認を取れる電話窓口があればOKかとも思いますが・・

とにかく、HSBCオフショアの判断を聞くまではあきらめることはありません。

別にカードの請求書じゃなくても、電話や電力の利用明細など、簡単に使える書類があるでしょうから、そちらを検討されてはいかがですか?

説明不足の点などありましたら、またメールくださいね!
できる限りお役に立ちたいと思ってます。

ではまた!

ケリー

<関連記事>
 ⇒ 住所証明書類には何を使いましたか?
 ⇒ (2)-1. 申込書の記入と、必要な添付書類の準備





トップ(目次ページ)へ戻る

テーマ=海外口座 - ジャンル=株式・投資・マネー

2006/07/30 01:24


トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


ポテンシャル・ナンバーはどうやって入手するのですか?
(注)2006年10月現在、申込書をダウンロードした段階ではポテンシャル・ナンバーは不要になっており、もう気にする必要はありません。

以下、参考までに以前の記事を残しています。↓↓↓



<ご質問>
ついにHSBCオフショアのサイトから口座開設申込書を
ダウンロードできたのですが、"Potential number"
は何処に記載されているのでしょうか?

Application Confiramtion(開設申請書の確認書)の方にも
見当たらないようですが・・・

どうかよろしくお願いいたします。


<お答え>
Potential number ですが、HSBCオフショアから連絡が
あります。

申込書をダウンロードした方には、しばらくして電話で、
口座について質問等ありませんか?といった感じの電話が
かかってくる(ことになっている?)のですが、英語で
会話できる場合、ここで直接番号がもらえますが、

英語が苦手なのでメールで・・、となった場合には
メールで別途送られてくるはずです。

もし、まだもらえてないならメールで問い合わせて
みてください。

--< 問合せメール参考文 >--

Dear Sir/Madam

I downloaded the application form some days ago, but I
have not been given my potential number yet.

How should I get it?

---- My profile ----
あなたの名前、住所、メールアドレス、など
--------------------

ちなみにHSBCオフショアの一般用Eメールアドレスは、
offshore@hsbc.com
です。

ケリー

(参考ページ)⇒ ポテンシャル・ナンバーって何ですか?
       ⇒ (1)-1.申込書の入手について





トップ(目次ページ)へ戻る

テーマ=海外口座 - ジャンル=株式・投資・マネー

2006/07/25 19:26


トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


ポテンシャル・ナンバーって何ですか?
(注)2006年10月現在、申込書をダウンロードした段階ではポテンシャル・ナンバーは不要になっており、もう気にする必要はありません。

以下、参考までに以前の記事を残しています。↓↓↓



<ご質問>
ケリーさんのサイトで、HSBCオフショアにEメールを出す
時には「ポテンシャル・ナンバー」を件名に明記するようにと
ありますが、ポテンシャル・ナンバーって何ですか?


<お答え>
ポテンシャル・ナンバーというのは、口座開設申し込み書を
入手した方に個別に与えられる管理番号のことです。

つまり、この管理番号を持っているということは、口座開設
申込書を入手して、開設に向けて準備中の人ということ
です。

英語では potential number と書きます。

potential とは、「潜在的な」とか「可能性のある」といった
意味ですから、ここでは「口座開設準備中の」という意味です。

ですから、この番号をメールの件名に明記することで、
一般の方と区別され、返答が確実にもらえます。

最近はそうでもないようですが、一時期、HSBCオフショアへ
(ポテンシャル・ナンバーを持たない)一般の人がEメールを
出してもなかなか返答がもらえないこともありました。

質問の内容によっては返答が来なかったという方もいます。





トップ(目次ページ)へ戻る

テーマ=海外口座 - ジャンル=株式・投資・マネー

2006/07/25 19:16


トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


口座開設申込書がどうしてもダウンロードできないのですが・・
(注)2006年10月現在、申込書のダウンロードは簡略化されており、以前のように個人情報をいちいいち打ち込む必要はなくなりました!

以下、参考までに以前の記事を残しています。↓↓↓



<ご質問>
口座開設しようと、開設申込書のダウンロードを試みましたが
ダウンロードできません。
ケリーさんのアドバイスどおり、ブラウザの言語設定は
英語に変更したのですが・・・
 (参考 ⇒ 申込書のダウンロード方法
HSBCのサイト構成が変更されたのでしょうか?
他の人はどうなのでしょうか? FAXなどの方が確実でしょうか?
よろしくお願いいたします。

<お答え>
さて、ダウンロードの件ですが、ブラウザの言語設定以外にも
いろいろ注意しなくてはいけないことがありますので、お手数ですが、
以下の項目をひとつずつチェックしてみてください。

(1)以下のページ(current accounts) の「Offshore Bank Account」
   横の「APPLY」から入りましたか?
   ⇒ http://www.offshore.hsbc.com/1/2/international/current-accounts
   そして、Or, print out a blank form, fill it in by ~
   の横にある「DOWNLOAD」をクリックして
   ダウンロードページに入りましたか?

(2)申請者情報(Your details)のフォームへ正しく
   情報を入力しましたか?

   ★半角英数モードで入力しましたか?
    日本語モードでアルファベットを打っても海外の
    パソコンでは認識されません。

   ★*印の欄には全て入力、または選択しましたか?

   ★First line of address には住所を入力できる範囲までで結構
    です。市区町村名まででOKだと思いますが、
    入力上の注意が書かれています。

    「アルファベットとスペースのみを使って記述してください」

    つまり、コンマ , や - などの記号を使ってはダメです。

   ★Contact phone number の欄にも記入上の注意があります。

    「国番号、市外局番も含めて、スペースや記号を使わずに
     数字だけで書いてください」

    つまり、日本の国番号は81なので、例えば
    045-123-4567 なら、「81451234567」となります。
    市外局番の前のゼロは入れないように。
    スペースや記号を使わないことにも注意です。

   ★最後のPersonal Banking Terms of Business の文章の
    最後にあるボックスにチェック(ボックスをクリック)
    入れましたか?

以上の項目をひとつずつ注意深く確認してから一番下にある
「SUBMIT」(提出する)をクリックしてください。

以上が間違いなく入力されていれば、問題なくダウンロード
に移れると思います。

もしこれでもまだダメならば、何かエラーメッセージのような
ものが表示されると思います。そのメッセージを教えてください。

FAXで申し込むよりも、やはりダウンロードが一番手間が
かからず早いので、ぜひ再挑戦してみてください。

では、また何かありましたらメールください。
遠慮は無用です。何度でもどんどん質問してくださいね!

ケリー




トップ(目次ページ)へ戻る

テーマ=株式・投資に関する本 - ジャンル=株式・投資・マネー

2006/07/22 16:40


トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


オフショア口座って、少資産でも意味あるの?(1)
先日、質問メールが届きました。

「ふとした疑問なのですが、そもそも資産が数百万しかない人が
オフショア口座にお金入れる意味なんてあるんですか?」

とてもシンプルだけど、多くの人が持つ疑問だと思います。

そこで私も全力で返答させていただいたのですが、
なんとその方は株と投資のメルマガを発行されている
方でした。

そして何と、私とのメールのやり取りを記事にしてくれました。

あまりの嬉しさに、そのメルマガ記事をそのまま掲載させて
いただきます。

 ↓ ↓ ↓ ここから ↓ ↓ ↓

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■3ヶ月間で170万円以上の最高利益を上げた至上最強の銘柄情報!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

※登録・解除: http://www.kabusta.com/c/i.cgi?mid=000218

●はじめての方へ

このメールマガジンは、【銘柄情報】と【投資で勝つためのお話】を
コラム形式でお贈りしています。

人は新しいものを求めがちですが、大切なことは、大切なことを
繰り返し聞き、自分に身につけることなんです。

だから、大切なことは繰り返しお伝えします。

読んで、自然と勝つための思考を身につけてもらえればと思います。



───────────────────────────────
■オフショア・スペシャル
───────────────────────────────

●こんにちは。ヤコウです。(^o^)丿

「オフショア」「オフショア」ってよく耳にしますし、
とても人気がありますが、極一般の人がオフショア口座を
持つことなんて意味あるの?
とずっと疑問に思っていました。

そこで、この根本的かつ素朴な疑問に的確に答えてくれた方が
いらっしゃいましたのでご紹介します。

●メルマガ『HSBCオフショアに海外口座を作り、活用する方法!』
ケリーさんという方です。

ケリーさんは、私の突然、かつ、ぶしつけな質問だったのにかかわ
らず、とても的確でご親切に、そして、とても気持ちのよい、
人当たりのよい言葉でその魅力について教えてくださいました。

その内容がとても役に立つものでしたので、みなさんにご紹介させて
いただきます!

というわけで、今回は「オフショア投資スペシャル」と題して、
オフショア投資の魅力について、メールインタビュー
(実はただの質問メール(笑))ということでお伝えします。

  スタート!


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
> こんにちは。はじめままして。ヤコウと申します。
>
> オフショアについて、ちょっとした質問があります。
>
> ふとした疑問なのですが、そもそも資産が数百万しかない人が
> オフショア口座にお金入れる意味なんてあるんですか?

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
 こんにちは。質問メール、ありがとうございます。

 もちろん、資産数百万円でも、長期的な資産運用の目的
 ならば、意味はあります。

 資産保全の基本は分散です。
 そして、海外口座ならば本格的な分散が可能なこと、

 そしてオフショアならば安全性も高く、税金の面で
 投資効率がよい、そして何より、わざわざ海外へ
 行かなくても日本にいながら口座が開設できる、

 といったことがあげられます。



 以上が私の答えとなりますが、ご質問の文章からすると、

 「オフショア口座というのはかなりの資産家向けの
 サービスで、少ない資産ではメリットがないのでは?」

 とお思いなのかもしれませんね。

 もしそうなら、それは誤解です。



 HSBCオフショアでも、2億円以上の資産を預けてくれる
 顧客にはプライベート・バンキング、1千2百万以上なら
 プレミア・サービスというふうに、預け入れ資産のランクに
 よってサービスもランク付けされていますが、

 そういったお金持ち向けのサービスはお金持ちが利用すれば
 いいだけのこと。

 普通の?人でも100万円以上あればきちんと口座を開設
 してくれますし、

 他の(欧州の)オフショアバンクでは、25万円程度から
 口座が開設できるところもあります。

 こういうことからもオフショアというのは日本人が思っている
 よりも、特別な場所ではないことが分かると思います。。



 分散について補足したほうが良いかもしれません。
 (くどくてすいません。。)

 これは資産をいくつかに分割して、異なる場所、異なる通貨に
 分けておく、そしてあるリスクが現実に起こってもダメージを
 最小にする、ということです。

 今日本に住んでいる方の場合、最大の、そして可能性の大きな
 リスクは日本経済の先行きの暗さです。

 最近、株価も上がり、景気が良くなってる、なんでそろそろ
 利上げするとか政府(日銀)はいっていますが、

 こんな状況は1年、2年でころころ変わること。

 資産運用は10年、20年といった長期で考えるべきです。

 そうなると、今後の小子高齢化による税収・年金保険料払い減、
 一方で年金や福祉などの国の支出はどんどん増えていくことは
 明らかです。

 今でも莫大な借金を抱えているのに、今後どんどん税金などを
 上げていかないと国はやっていけません。

 もちろん実際どうなるか、なんて明言などできませんが、
 こういった事実を考えると、財政の大悪化は可能性として
 けっして小さくない、ということはいえると思います。

 ですから日本円に頼った投資、あるいは日本国内の金融機関だけ
 に頼った資産の保有には注意する必要があります。



 ご質問のテーマがとても大きいので、的確なお答えになっているか
 どうか分かりませんが、分からないことはまた何度でも質問
 いただければ幸いです。

 長々と失礼しました。

 それではよい週末を!

ケリー


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

●いわゆる国家破綻論には、様々に意見が分かれるところなので、
言及はしませんが、国家破綻にかかわらず、投資の常識から
言って、資産を分散しない理由はありません。
(だからといってただ分散すればいいものではないので
これについてはまた後日)

むしろ、私も日本だけに資産をおいておくのはリスクであると
思っています。

たとえばですが、最近で言えば、仮に資産のほとんどを
日本株式にされていた方はどうなったでしょうか?
(日経平均18000円→15000円の大暴落)

仮に外国債券に半分ずつ分散投資していたら、被害はそこまでに
ならなかったことを容易に推測できると思います。

他にも地震リスクも高くなっています。

数百万円といわれると、ハードルが高いという方もいらっしゃる
と思いますが、将来のためにオフショア投資について学んで
おくとよいでしょうね!

次回は、さらに深い、とてもためになったメールインタビュー
の続きをお送りします。

●ケリーさんは無料レポートも出されています。
資産保全ということについて、とても勉強になりますので、
ぜひ読んでみてください。(^^)

いまは遠い夢にしろ、憧れや夢を描くということって
とても大切ですよ。

まずはそこから始めないとなにも始まりません。

●海外口座が自分で開けた!~海外口座の選び方編~
http://1muryoureport.com/?3838

●海外口座が自分で開けた!~HSBCオフショア口座 開設体験記~
http://1muryoureport.com/?3839

●HSBCオフショアに海外口座を作り、活用する方法!
http://www.mag2.com/m/0000178208.html


───────────────────────────────
■編集後記
───────────────────────────────

●仕事で、事務所を借りました。

アクセスの多彩な千葉県の西船橋に借りました。
本格的にビジネスのスタートです。

「起業家」になるのが夢なんです。

「起業準備中」の意味の「起業家」ではなく、
意義のあるビジネスを興して、それを次々と展開していく。

それは、お金ではなく、与えてもらった人生を120%
生きたいから。

そして、もっとビッグな人間になって、
社会貢献事業をしたい。

故ダイアナさんのように、「あの人がやっているから私もやる!」
というように善循環を作れる人間になりたいです。

生まれたからには物であれサービスであれ、
世の中に何かを残して行きたいですね。


───────────────────────────────
■メールマガジン発行
───────────────────────────────
【 発 行 者 】億万長者投資実践会 ヤコウヒロカズ
【 E メ ー ル 】yakou@csc.jp
【コミュニティ】http://mixi.jp/view_community.pl?id=510882
【 登録・解除 】http://www.kabusta.com/c/i.cgi?mid=000218
http://www.mag2.com/m/0000179587.html
 
 
い つ も お 読 み い た だ き

あ り が と う ご ざ い ま す !




トップ(目次ページ)へ戻る

テーマ=株式・投資に関する本 - ジャンル=株式・投資・マネー

2006/07/22 14:43


トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


HSBCオフショアのスタッフからのメールアドレス
<ご質問>

私宛のメールがHSBCから届きました。

内容は、ポテンシャルナンバーとパンフレットと不明な点は電話してほしいといった内容でした。

このメールなんですが、メールの@の前に個人名が入っています。HSBCはこのようなメールアドレスで連絡をとってくるのでしょうか?


<お答え>

HSBCオフショアのスタッフは、各自の名前に続いて@hsbc.comのメールアドレスを持っており、これで連絡取ってきます。

ですから、Bさんの受けたメールは本物です。
ご安心ください(笑)






トップ(目次ページ)へ戻る

テーマ=海外口座 - ジャンル=株式・投資・マネー

2006/07/20 23:08


トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


口座に発生するペナルティについて、もっと詳しく教えてください
以前の記事、ペナルティはどういう時に発生する? に対して、kuloさんよりコメント(質問)をいただきました。


≪kuloさんの質問≫

イマイチ意味がわかりません。上記例の米ドルとユーロとポンドの口座を開設し、ポンドでたいとします。

まず、米ドルの口座開設するのに1万ドル預入して米ドル口座を開設しました。
口座開設が済んだら出金し、そのお金でユーロの口座開設をしました。
またそれが済むと出金し、今度はそのお金でポンドの口座開設をし、定期預金をしました。

って、できるんですか?

口座開設したものの定期とかしなければ、残金0でもペナルティーかからないのでしょうか?

すみません、アタマ悪くて・・・
よろしくお願いいたします。


≪お答え≫

いえいえ、こちらこそ説明が分かりにくかったかもしれません。

結論をいうと、そういうことは可能です。
ただし、別の通貨の口座に移すときに、両替が発生しますから、為替両替手数料がかかります。

ですからその度に元金がどんどん目減りしてしまいます。

それと、ペナルティについてですが、例えば kuloさんがHSBCオフショアに口座を開設したとします。

kuloさんは、そのご自分の名義の口座(総合口座)の中に、いろんな口座を開設できます。

当座預金、普通預金、定期預金などいろんな通貨で開設できます。

ペナルティが発生するのは、これらの残高の合計、つまり kuloさんの総合口座内の残高計をポンドに換算し、5000ポンドより少なければ毎月15ポンドのペナルティを引かれていく、ということです。

ですから例えば、米ドルの当座預金口座の残高がゼロでも、その他の口座に十分な残高があり、全体として kuloさん名義の総合口座の残高計が5000ポンド以上であればペナルティは発生しません。

なんだかまた難しい説明になってしまったかも。。





トップ(目次ページ)へ戻る

テーマ=海外口座 - ジャンル=株式・投資・マネー

2006/07/19 20:08


トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


ゼロ金利政策解除・・家計にどう影響する!?
日銀のゼロ金利政策の解除がついに現実的になってきました。

これによって住宅ローンの負担が上がるとか、預金金利が上がるとかいろいろいわれています。
とにかく家計に大きく影響してくることは間違いありません。

この機会にちょっとお勉強しておくと、資産運用にもかなり役に立ちますよ!
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
破綻寸前!? 国のサイフ 家計のサイフ


こういった本は、とにかく分かりやすいことが一番!
著者はマネー雑誌などでおなじみの、荻原博子さんです。

ゼロ金利の解除が家計にどう影響してくるか、はっきりと分かります。
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
破綻寸前!? 国のサイフ 家計のサイフ


普通は景気が良くなるのは良いことですが、今の日本の経済状況では、景気が良くなるとダメ。もちろん景気が悪くなってもダメ。

こんな「微妙な」日本経済の姿を知ることもできます。

ゼロ金利政策解除は、この「微妙」なバランスを崩すきっかけになってしまうかも。。
 ↓  ↓  ↓  ↓ 






トップ(目次ページ)へ戻る

テーマ=★サラリーマンの投資日記★ - ジャンル=株式・投資・マネー

2006/07/18 22:26


トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


オンライン・セイバー・アカウント開きたいのですが・・その5 (口座開設中のAさんより)
(5) また、その他に、このアカウントをネットから開設して資金を預ける場合にあたり、注意すべき点はあるでしょうか?

-----------------------------------------
Aさんは非常によく勉強されているようですね!特にアドバイスはありません。

強いて言えば、利息は変動するものなので、たまにチェックしたほうがいいですね。

あと、毎月ステートメントが送られてきますが、きちんとオンラインセイバーが開設され、資金が入り、利息がついているか、確認してください。念のため。。

税金の面では、2万ドルだとセーフですが、例えば4万ドルだと年間利息=4万x4.8%=1920ドル。
この場合、日本円換算で20万円は超えることになり、他に雑収入がなくても、日本政府へは申告が必要になります。

ただ日本円への換算方法ですが、オンラインセイバーの場合、日割りで利息がつくので、正確には1月1日から12月31日まで毎日、当日のレートで換算し、365日分合計する、という方法になると思います。

でも本当にそんなややこしいことをするのか?という疑問も残ります。
このあたりはお住まいの税務署に問い合わせてください。(税務署によって判断が異なるケースがありますので)

また何か疑問があったらどんどんメールくださいね!
何度でも、遠慮は無用ですヨ。

皆さんから質問をいただくことで、私も勉強になることが多いので、
とてもありがたいことです。

では、また!ケリー
-------------------------------------------




トップ(目次ページ)へ戻る

テーマ=海外口座 - ジャンル=株式・投資・マネー

2006/07/17 23:59


トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


オンライン・セイバー・アカウント開きたいのですが・・その4 (口座開設中のAさんより)
(4)HSBCのHPにオンライン・セイバー・アカウントの注意点として、
「アカウント内の預金を引き出した月は、利息が全く支払われない」
「米ドルでは2万~100万ドルの間で利息が支払われるので、アカウント内の金額がそれより下回っても上回ってもその期間は利息が全く支払われない」
「ヨーロッパに居住している場合は税金がかかる場合がある?」などが記されていたように思いますが、その解釈でよいでしょうか?

----------------------------------------
・預金を一部だけでも引き出せば、引き出した月はオンラインセイバー内にまだ最低額以上の残高があっても利息は全くつかないようです。ですから、引き出すときは、翌月の1日まで待ったほうがお得ですね。

・残高が2万ドルを下回っている日には利息がつきませんが、残高が100万ドル以上なら100万ドル分については利息がつきます。

・正確には、「ヨーロッパ」ではなく、「EU加盟国」です。EU加盟国の居住者については、利息から自動的にリテンション・タックスという税金が引かれる場合があるということです。

日本の居住者の場合には、自動的にそういった税金が引かれることはありません。
-----------------------------------------




トップ(目次ページ)へ戻る

テーマ=海外口座 - ジャンル=株式・投資・マネー

2006/07/17 23:56


トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


オンライン・セイバー・アカウント開きたいのですが・・その3(口座開設中のAさんより)
(3)HSBCのHPでは、オンライン・セイバー・アカウントは一時的なキャンペーンのような感じもするのですが、今後持続的に続く口座と考えて良いでしょうか?

-------------------------------------
当面継続されると思いますが、HSBCオフショアの規約を読むと、  「いつでも当社の判断で廃止できるものとする」 とありますので永続的とは言い切れませんね。
-------------------------------------

※補足

オンライン・セイバー・アカウントは今年2006年からできたサービスで、HSBCオフショアのサイトにアクセスすると、トップページに大きく宣伝されています。
HSBCオフショアのサイト(トップページ)

米ドル、英ポンド、ユーロにしか対応していませんが、定期預金ではなく、いつでも引き出せる換金性の良さにもかかわらず、ひじょーに金利が高く、本当に魅力的です。

特に米ドルは今日現在、年利で4.8%ですよ!!

ぜひいつまでもこのサービスを続けてほしいものです。





トップ(目次ページ)へ戻る

テーマ=海外口座 - ジャンル=株式・投資・マネー

2006/07/17 23:53


トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


オンライン・セイバー・アカウント開きたいのですが・・その2(口座開設中のAさんより)
(2)オンライン・セイバー・アカウント」に資金を移した場合も(他の口座と同様に)5000ポンド相当額以上の金額があれば、ペナルティ(手数料)はかからないと考えて良いでしょうか?

-------------------------------------
はい。オフショア・バンク・アカウントとの合計残高が、英ポンド換算で5000ポンド以上ならば、ペナルティはかかりません。
-------------------------------------





トップ(目次ページ)へ戻る

テーマ=海外口座 - ジャンル=株式・投資・マネー

2006/07/17 23:41


トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


オンライン・セイバー・アカウント開きたいのですが・・その1(口座開設中のAさんより)
オンライン・セイバー・アカウントに非常に魅力を感じています。

今、申込書を取り寄せ、どのような口座を開こうか、真剣に検討中です。

(1)最初は必ず、オフショア・バンク・アカウントを開設しなくてはいけないとのことで、私は米ドル口座を考えてます。デビット・カードも申し込みます。

そこで、資金をまずこの口座へ送金し、その中からオンライン・セイバー・アカウントへ資金を振り分けようと考えてますが、どの程度資金を残しておけば、オフショア・バンク・アカウントとそのデビットカードを保持できるのでしょうか?

-------------------------------------
わずかでも残高がプラスであれば、オフショア・バンク・アカウントもデビットカードも保持できると思います。
 
オンライン・セイバーのほうにたっぷり資金があるので、ペナルティも発生しませんし、あとは、デビットカードで買い物したり現金を引き出したりする際に、オフショア・バンク・アカウントの残高がマイナスにならないよう注意しておけばOKです。

でもまあ、少なくとも1~200ドルぐらいは残しておいてはどうでしょうか?
そして余裕ができたら資金を補充していきましょう。
でないとデビットカードの意味がありませんから。。
-------------------------------------




トップ(目次ページ)へ戻る

テーマ=海外口座 - ジャンル=株式・投資・マネー

2006/07/17 23:39


トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


HSBCオフショア口座でファンドは買えないの?
先日の記事 (FAQを読む-9)ファンドの購入&パフォーマンス確認 」へいただいた、hopperさんからのコメントに対する返答です。


■hopperさんからのコメント
「日本の居住者は、ファンドに投資できないと言うことは、預金だけ?
投資信託を買おうと思ったら、どこがいいのでしょう?」


■お答え

HSBCオフショアを通じてファンドを買えないということではありません。

現在はっきりしていることは、HSBCオフショアではファンド購入のアドバイスは日本の居住者にはできないということです。

日本の居住者に日本で登録されてない金融商品を宣伝することは日本の法律で禁止されており、HSBCオフショアは、これを厳守するために最近ファンドのアドバイスを止めたようです。

(ですから、厳密には、オフショアファンド購入を具体的銘柄レベルでアドバイスする行為は外国人であろうと日本の法律には違反ということなので、今後、HSBCのような大企業はこういう傾向になっていくと思われます。)


でも自分で調べて自発的に買うのは日本の法律上も問題ありません。

なので、自分で買いたいファンドを決めて申し込み、「アドバイスできませんが」と言われても、「アドバイス不要です」と言えばHSBCオフショアでも買えるはずです。

現在、私もこのあたりの情報を問い合わせているところですが、今のところ、私の見解は以上のとおりです。


じゃあ、どこで買えるの?ということですが、基本的に、オフショアファンドを直接買いたいなら、別に海外銀行を通じてしか買えないわけではありません。

オフショア・ファンドなどの情報を提供しているウェブサイト、例えば ファイナンシャルタイムズ などで購入したいファンドを選ぶと、そのファンドのファイナンシャル・アドバイザー(ファンド売買会社)の連絡先が載ってますので、そこへ資料なり購入申込書を依頼することで購入できます。

銀行を通じて買う場合、そのファンドの銘柄はその銀行で扱っているものだけに限られてしまいますが、このように自分でインターネットで選ぶなら、それこそ数え切れないくらいの選択肢があるので圧倒的に有利です。

日本円で20万円ぐらいからでも投資可能ですし。
(HSBCオフショアでは5~60万円から投資可能)

購入手続きとしても、
「ファンド購入申込書を取り寄せて記入し郵送して、代金を振込む」
という手続きは同じ。


ただし、海外銀行を通じて買うと、代金は口座から引き落としにできるのでその意味で楽です。

あと、ファンドによっては購入者にパスポートの認証コピーや住所証明書などを求めるものもありますが、海外銀行口座を通じて買う場合、こういった書類はまず不要です。


どうしても銀行を通じてファンドを購入したいならば、HSBC香港をはじめとする香港の銀行がオススメです。ファンドだけでなく香港株やFXもできるようです。

日本にいながら開設できる銀行でファンド購入もOKとなると、HSBCオフショア以外に私はあまり情報を持っていませんが、ひとつだけご紹介します。

Lloys TSB
 ⇒ http://www.lloydstsb-offshore.com/International

実は私も今、注目している銀行で、現在研究中です。
またシステムが詳しく把握できたらご紹介しますね!





トップ(目次ページ)へ戻る

テーマ=海外口座 - ジャンル=株式・投資・マネー

2006/07/10 20:40


トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


(FAQを読む-19)インディペンデント・アドバイザーって?
☆HSBCオフショアサイトのFAQページを英語で読むには
 ⇒ HSBCオフショアFAQページ



(Q) What is an 'independent' wealth manager?

「独立した」投資アドバイザーってどういう意味?というのが質問の意味です。

投資アドバイザーというものは、通常なら自社のファンドを優先的に顧客にオファーする傾向があるのが普通です。

でもHSBCオフショアのアドバイザーは、HSBCの投資商品だけでなく、他社の商品も含めて公平な目で顧客にいいものをオファーしますよ、ということです。

自社のファンドにこだわらない、という意味で「independent = 独立した」という言葉を使っている訳です。

日本の居住者にはこの項目は参考にしかなりませんが・・。


⇒ FAQを読む、目次ページへ





トップ(目次ページ)へ戻る

テーマ=海外口座 - ジャンル=株式・投資・マネー

2006/07/08 14:35


トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


(FAQを読む-18)購入したファンドのパフォーマンスはどうやって確認する?
☆HSBCオフショアサイトのFAQページを英語で読むには
 ⇒ HSBCオフショアFAQページ


原文です。
-------------------------------------------------------
(Q) How can I monitor the prices of my HSBC offshore funds?

(A) You'll find the latest share prices on this website.

We'll send you an update about the performance of your investment every six months.
Internet Banking customers can also monitor the value of investments online.
-------------------------------------------------------

訳します。
-----------------------------------------------------
(Q)購入したHSBCオフショアのファンドの値段はどうやって確認できますか?

(A)HSBCオフショアのサイトで最新価格をチェックできます。

6ヶ月ごとに投資中の銘柄の最新パフォーマンスを(郵便で)お届けします。
また、HSBCオフショアのネットバンキングを申し込み、使用可能な方ならば、ログインすればいつでもパフォーマンスを確認できます。
-----------------------------------------------------


ただし、ファンドの購入はネットバンキングでは手続きできません。
必ず申し込み用紙に必要事項を記入し、必要書類と共に郵送で購入申込みをすることになります。


⇒ FAQを読む、目次ページへ





トップ(目次ページ)へ戻る

テーマ=海外口座 - ジャンル=株式・投資・マネー

2006/07/08 14:29


トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


(FAQを読む-17)毎月口座から小額ずつ引き落としでファンドを購入していく
☆HSBCオフショアサイトのFAQページを英語で読むには
 ⇒ HSBCオフショアFAQページ


------------------------------------------------------
(Q) Rather than making a lump sum investment, could I make regular, smaller investments?

(A) Absolutely. It's up to how you invest.

If you want, you can build up your investments through a series of small, regular monthly payments that over time, that can accrue into a substantial investment.

Contributions can be made direct from your account by standing order, eliminating unnecessary administration on your part.
------------------------------------------------------

訳します。
------------------------------------------------------
(Q)まとまった額を一気に投資するのもいいですが、定期的に小額ずつ投資していくことはできますか?

(A)もちろんできます。どのように投資するかはあなた次第です。

毎月、小額でも一定額ずつ投資していき、月日がたてば、まとまった額になっている、という方法も可能です。

余分な管理コストが発生しないよう、HSBCオフショア口座から直接、毎月の自動引き落としで投資していくような方法をオススメします。
------------------------------------------------------

だいたいどのファンドも5000ドルから投資できますが、毎月の引き落とし方式だと、月々200~250ドルから申し込めます。


⇒ FAQを読む、目次ページへ





トップ(目次ページ)へ戻る

テーマ=海外口座 - ジャンル=株式・投資・マネー

2006/07/08 14:09


トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


(FAQを読む-16)HSBC以外のファンドは購入できるの!?
☆HSBCオフショアサイトのFAQページを英語で読むには
 ⇒ HSBCオフショアのウエブサイト、FAQページへ



原文です。
-------------------------------------------
(Q) Does HSBC sell investments offered by other reputable companies?

(A) Our independent financial advisers are able to offer you a choice of investments from a wide range of well-established and reputable companies.

We aim to ensure that any investment we recommend meets your requirements in termes of investment performance, financial stability and service.
-------------------------------------------

訳します。
-------------------------------------------
(Q)HSBCオフショアを通じて他会社の商品(ファンド)へ投資できるますか?

(A)当社のファイナンシャルアドバイザーが、信頼のおける確かなファンドの幅広い銘柄の中から推薦します。

投資のパフォーマンス、(顧客の)資金的な安定と(顧客への)サービスといった点において、必ずご満足いただけることと思います。
-------------------------------------------

解説です。

日本の居住者へは、ファンドに関するアドバイスは提供しない、ということなので、実質ここに述べているようなアドバイスは得られません。

つまり、他のファンド会社の銘柄への投資アドバイスは得られないということです。

ということは、日本の居住者がHSBCオフショアを通じて他会社のファンドを購入することはかなり難しいと言えるでしょう。


⇒ FAQを読む、目次ページへ




トップ(目次ページ)へ戻る

テーマ=海外口座 - ジャンル=株式・投資・マネー

2006/07/08 11:32


トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


(FAQを読む-15)投資相談にはのってくれる!?
☆HSBCオフショアサイトのFAQページを英語で読むには
 ⇒ HSBCオフショアFAQページ


今回の原文です。
------------------------------------------------
(Q) If I'm unsure which offshore investment may be best for me, can I talk to someone?

(A) Our advisers can offer help and guidance on everything from investments to life cover, including saving for the future, mortgage protection, and retirement and estate planning.
-------------------------------------------------

訳します。
-------------------------------------------------
(Q)もしどんなオフショア投資が自分に適しているのか迷ったとき、誰か相談に乗ってくれますか?

(A)当方のアドバイザーが投資からライフプランニングにかかわることまで(貯金、担保の保全、退職後の生活や不動産管理などを含めて)ご相談に乗らせていただきます。
-------------------------------------------------

解説です。

FAQではこのようにかかれていますが、残念ながら日本の居住者については、投資についてのアドバイスは得られません。

日本の法律で、日本の居住者には日本の当局に登録された投資商品しか宣伝行為をしてはならないことになっています。

ですからHSBCのオフショアファンドを日本の居住者にアドバイスすることはできないのです。

それでも以前はアドバイスしてくれたのですが・・・。、だんだんと法厳守を徹底してきてるようです。

ただし、日本の居住者でも、自発的に情報を調べ、自分の意志でオフショアファンドを購入するのは問題ないようです。

日本だけでなく、フランスやドイツなど、こういう法律を定めている国は少なくありません。

でもこれでも日本は恵まれていると言えるかもしれません。
アメリカ、ニュージーランドなど、オフショアファンドの購入禁止の国もありますから。。

ちなみにHSBCオフショア口座を通じた株取り引きは、日本の居住者はできないことになっていますので、当然、アドバイスもありません。


あと、その他のライフプランニングに関する相談は誰でもネットで申し込めます。
HSBCオフショアのライフプランニング相談申込み

Financial planning, Retirement planning, Tax Planning, Insurance planning のなかの関心のある項目の横の「Appointment」をクリックして申し込みます。

申込みの際に、こちらの希望時間を記載し、その時間にHSBC担当者から電話をかけてきてくれます。つまり、電話相談のみとなります。

でも・・HSBCオフショアは基本的に英国を中心としたヨーロッパの居住者を対象としていますので、貯金やローン、退職生活、税金、不動産などについて、日本で生活する居住者に適切なアドバイスをできるかどうかは疑問ですが。。


⇒ FAQを読む、目次ページへ




トップ(目次ページ)へ戻る

テーマ=海外口座 - ジャンル=株式・投資・マネー

2006/07/03 22:05


トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


(FAQを読む-14)口座にカードを作ることは可能?
☆HSBCオフショアサイトのFAQページを英語で読むには
 ⇒ HSBCオフショアFAQページ


原文です。
-------------------------------------------------------
(Q)
Can I get cards to access my money with an offshore account?

(A)
Yes. We can arrange internationally-accepted cards in starling, US dollars and euro.
-------------------------------------------------------


訳します。
-------------------------------------------------------
(Q)
HSBCオフショアの口座から引き落とされるカードはありますか?

(A)
はい。英ポンド、米ドル、ユーロについて国際的に使用できるカードをご準備できます。
-------------------------------------------------------


解説です。

まず、カードは当座預金口座、つまり「オフショア・バンク・アカウント」につけることができます。

ただし、デビットカードは英ポンドか米ドル口座にしか作ることができません。
ユーロ口座にはデビットカードは作れないのです。

さらに誤解しやすい点として、英ポンド建てのデビットカードが欲しければ英ポンド口座、米ドル建てのデビットカードが欲しければ米ドル口座をもっている必要があります。

米ドル口座しかもっていなければ、英ポンド建てのデビットカードは作れませんし、その逆も言えます。

そして、クレジットカードですが、通常は英ポンド建てしか作れません。
ですからクレジットカードを持ちたいなら、英ポンドの「オフショア・バンク・アカウント」を持っている必要があります。


ただし、プレミアサービスの方はこの限りではなく、米ドル、ユーロ建てのオフショア・バンク・アカウント口座を持っていれば米ドルやユーロ建てのカードも作ることができます。

プレミアサービスとは、HSBCオフショアへの預金/投資額が計6万英ポンド(=約1千2百万円相当)以上の顧客へ与えられるサービスです。

ですから、米ドル、ユーロのクレジットカードを持ちたいなら、HSBCオフショアを通じて、預金・投資を6万ポンド以上できる方に限られてしまうということです。


さらに、プレミアサービスの方は、「チェック・デポジット・アカウント」というもうひとつの当座預金口座を持っていれば、その口座の通貨に対応するクレジットカードを作ることができるようです。


カードについては、以下の記事も参考になりますよ。

 ⇒なぜクレジットカードにこだわるの?
 ⇒デビットカードとクレジットカード


⇒ FAQを読む、目次ページへ




トップ(目次ページ)へ戻る

テーマ=海外口座 - ジャンル=株式・投資・マネー

2006/07/01 19:25


トラックバック(0) | コメント(0) | top▲




| Top |
-- charset="euc-jp">