ホームへ戻る | メルマガ登録・バックナンバー | 無料レポート | 質問・お問合せお気に入りに追加




HSBCオフショア口座は、海外での資産運用に最適です!日本に居ながら開設できます!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




トップ(目次ページ)へ戻る

--/--/-- --:--


| top▲


住所証明書類には何を使いましたか?
≪質問≫

ケリーさんは、住所証明書類に何を使いましたか?
自分は適当な書類が無く、口座開設の計画がストップしています…


≪回答≫

住所証明書類ですが、HSBCオフショアの場合、公共料金の請求書類(電気、ガス、電話(携帯はダメ)、水道、あと、クレジットカードの利用明細報告書)、銀行口座の月次利用明細書(ステートメント)などです。

僕の場合、電力会社(東京電力)とNTTの請求書を使いました。
この他にも、ガス、水道代の請求書は問題なく使えます。

銀行口座のステートメントを選ぶ場合の注意ですが、これは預金通帳とは違います。新生銀行などの通帳なしの口座をお持ちの方なら毎月お取引レポートというのが送られてきますが、あれのことです。

簡単に言えば月々の取引明細レポートですが、日本の銀行では一般に送られてきません。海外の銀行なら当たり前の書類なのですが・・。それぞれの銀行に問い合わせてみましょう。
ソニーバンクなどでは希望すれば有料で発行してくれます。

※06年9月現在、銀行のステートメントは、住所証明書類2種類に加え、必須の書類となりました。これからは住所証明書類としては考えないほうがスッキリしていいでしょう。

あと、クレジットカードの月々の利用明細報告書も使えますが、VISAやJCB、アメックスなど、世界的にメジャーなカード会社のものでないと、HSBCに認められないおそれもありますので要注意です。

でも、住民票やケーブルテレビの請求書などもOKだったという報告もありますので、有効かどうか迷う書類があればHSBCオフショアへ問い合わせてみましょう。
スポンサーサイト




トップ(目次ページ)へ戻る

テーマ=海外口座 - ジャンル=株式・投資・マネー

2006/04/01 00:07


トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


<<HSBC香港口座を持つ方からの質問 | Top | 支店選びの判断基準は?>>




Comment


コメント












管理者にだけシークレットコメントをおくる



Trackback
Trackback URL
→http://offshorebank.blog39.fc2.com/tb.php/111-8bd2d2d8
FC2blog user only
| Top |
-- charset="euc-jp">