ホームへ戻る | メルマガ登録・バックナンバー | 無料レポート | 質問・お問合せお気に入りに追加




HSBCオフショア口座は、海外での資産運用に最適です!日本に居ながら開設できます!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




トップ(目次ページ)へ戻る

--/--/-- --:--


| top▲


(FAQを読む-1)HSBCオフショアのメリットは何?
さて、今回からしばらくはHSBCオフショアのサイトにある「FAQ」を一緒に読んでいきましょう。

ちなみにFAQとは「よくある質問」という意味で、「Frequently asked questions」の略です。
ファックと読みますが、決して 「Fuck you!」 のファックではありません。。(汗)

だいたい企業や何らかのサービスのホームページには必ず設けられています。

よく寄せられる質問集、ということは、これを詳しく読めばHSBCオフショアのサービスの基本をムダなく理解できるということですから頑張って読んでいきましょう。


まず、HSBCオフショアのサイトURLは 
 ⇒ http://www.offshore.hsbc.com/1/2


ブラウザの「お気に入り」に加えて、すぐにアクセスできるようにしておくと便利です。


さて、サイトのトップページが表示されたら、タブの中から「Current accounts」をクリックしてください。(タブとは上段の赤の太い横線の上に並ぶ項目のことです)

すると画面のちょい下あたりの「FAQ - common questions ansered」とあるはずですので、それをクリックしてください。


今回はそのFAQの中の最初の項目、

「Why bank or invest offshore with HSBC Bank International?」

訳すと、「なぜHSBCオフショアを利用するのか」、分かりやすくいうと、HSBCオフショアを利用するメリットは何?といった感じです。


とてもアバウトな質問ですよね。
実際、こんな質問をする人がいるとは思えませんが、素直に読んでいきましょう。


---ここから訳文---

・(米ドルやユーロなどの)主要通貨ならば、あなたの口座預金に世界のどこからでもアクセスできる。
・預金、投資においてオフショアでの節税効果が期待できる。
・信頼度バツグン(HSBCという安定度ピカイチのブランドであるということ)

※利子はすべてそのまま(税金などを引かれることなく)支払われますが、EU加盟国の居住者なら、リテンション・タックスという税金

が利子にかかる場合があります。または・・・・

---訳文終わり-----


つまり、日本に住んでいるあなたは、オフショアのメリット(節税効果)を利用できるということです。つまり預金や投資の利子に対して税金がかからない、ということ。


一方、日本の銀行での預金の利子、それに投資信託や株式で得られた利益に対しては税金が引かれています。

例えば、あなたの銀行預金の利息は、その20%が源泉徴収という形で自動的に税務署に引かれているのです。
いちいち報告が来るわけではないので、もしかすると知らない人もいるかもしれませんね。


ところが、HSBCオフショアに海外口座を持てば、そこで得た預金の利子や、投資利益については勝手に税金などが引かれることはありません。

これがオフショアの節税効果です。


⇒ FAQを読む、目次ページへ

スポンサーサイト




トップ(目次ページ)へ戻る

テーマ=海外口座 - ジャンル=株式・投資・マネー

2006/04/23 21:27


トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


<<(FAQを読む-2)オフショア預金、オフショア投資って何? | Top | 大手銀行ならバンクステートメントを発行してくれる?>>




Comment


コメント












管理者にだけシークレットコメントをおくる



Trackback
Trackback URL
→http://offshorebank.blog39.fc2.com/tb.php/123-68c3a98d
FC2blog user only
| Top |
-- charset="euc-jp">