ホームへ戻る | メルマガ登録・バックナンバー | 無料レポート | 質問・お問合せお気に入りに追加




HSBCオフショア口座は、海外での資産運用に最適です!日本に居ながら開設できます!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




トップ(目次ページ)へ戻る

--/--/-- --:--


| top▲


<17>外貨へ替えるタイミングはいつ!?
■------ID:0000178208-------------------------------------------■

    HSBCオフショアに海外口座を作り、活用する方法! No.17

■---------------------------------------// May. 13, 06' //-----■


               1998年、日本の金融ビックバン・・・
       
           いったいどれほどの効果があったのだろう・・・ 
  
        そう思うあなたは、取り残されているかもしれない・・・
      
     こんなに自由なのに、まだ日本から飛びたってないなんて・・・

→→→→→→→→→→→→→→→→ http://offshorebank.blog39.fc2.com



円高が進んでいます。

外貨を保有している方は、どこまでこの円高が進んでいくのか気になる
ところですよね!

私のところへもこういった内容の質問メールがいくつか寄せられました。

そこで、今回は海外口座への預け入れのタイミングについて
私の考え方をお伝えしようと思います。




まず、FXのデイトレードなどやっている方には、今日、あるいは明日
の為替はどうなるの?ということが最大の関心事です。

実は私もたまに(自信がある日だけ)やっています。
でも「やらなきゃよかった・・」と後悔する日も少なくありません。

つまり、数時間後に為替がどうなるか・・を予測するのは至難の業だと
いうことです。




しかし、長期の予測ということなら話は別です。

そして、海外での資産運用を考えるときに重要なのは、
この 「長期的な予測」 なのです。




最近の円高にハラハラドキドキしている方は、この点をしっかりと
理解しておく必要があります。

海外口座に余裕資金を預けたり、海外ファンドを買ったりする方は、
5年、10年、そして20年といった将来のことを心配すべきなのです。




ズバリ結論を先に言います。

将来、かなりの「円安」になるでしょう。


これからの少子高齢化、増え続ける政府の借金、遅々として進まない
構造改革など、長期的には円安に進む要因がほとんどだからです。




まともな経済感覚を持っている方なら、当たり前の結論です。

マネー雑誌などでおなじみの萩原博子さんも、もう1年以上も前から、
ご自身の著書で強く警告しています。


「2008年 破綻する家計 生き残る家計」
⇒ http://doelife.com/book/ogiwara1


さらに最新書「破綻寸前? 国のサイフ 家計のサイフ」では、

今の景気回復に安心してはいけない、これからは本当に一般家庭の
家計への負担がどんどん厳しくなっていきますよ、

ということを分かりやすく説明されています。
⇒ http://doelife.com/book/ogiwara2




ところで私なりに説明しますと、

将来円安ということは、「将来的には円の価値が下がる」

ということです。

1ドル200円は当たり前、中には1000円、2000円も決して
あり得ないレベルではないと予測する専門家もいるぐらいです。




ですから、5年、10年、20年、それ以上といった将来の資産保全
を考えるなら、

「資産は日本円だけでなく、外貨でも持っておくべき」なのです。

(もちろん、外貨といっても政治・経済の安定した国の通貨
 という意味ですよ!)




そうなると今騒がれている「1ドル120円が110円に高くなった」
というレベルの話はどうでもよいことになります。

そんなのはごくごく小さな変動のうちです。
これぐらいの変動で


円高だ!円高だ!どうしよう?

もっと円高が進むと損してしまう!

今のうちに外貨を日本円に戻しておこう・・


などと考えるような方は、海外口座を持つ意味はないかもしれません。

海外口座を持ち、長期的な資産運用を考えるならば、今の小さな為替の
変動をいちいち気にしていてはダメなのです。




前回書いたとおり、HSBCオフショアも、つい最近、
口座を開く時に必要な最低預け入れ額の引き上げ
を行いました。

口座開設するのに今までよりも多くの資金が必要になったのです。


このように、今後もHSBCオフショア口座もいつまた口座開設の
ハードルが上がるか分かりません。

ということで今回のまとめ。




⇒ 目先の景気の上昇に惑わされず、

⇒ 将来の円安を見据え、

⇒ できるだけ早く海外に資産保全の場所を確保しておく
  (信頼できる海外口座を持つ)




まずは、海外口座についての正しい知識を得ることが大切です。
こちらが参考になります。
⇒ http://offshorebank.blog39.fc2.com/




ところで、海外口座で外貨を持つのと、日本の銀行で外貨預金
するのとどう違うの?

という質問メールもいくつかいただいています。


これを分かっておくことは重要です。
あまり知られていませんが、実は大違い!なのです。

次回から説明していきますね。。




♪一言コーナー

私の本業はサラリーマンですが、出張が多いんです。。
特に現在、なんと半年もの長期出張中(これって出張!?)。

ホテル暮らしも持ち物をいつもまとめておかないといけないので
なんかリラックスできません。

こまめな整理整頓ってほんとに大変ですよね~。


それでは、また次回(^^)!



□-----------------------------------------------ID:0000178208----□
  ご意見、ご感想、ご質問、何でも歓迎です。
  ぜひメール下さいね!!

  ★発行者 → → → →  ケリー海野 
  ★Email → → → → kaz1@doelife.com
  ★ブログ → → → → http://offshorebank.blog39.fc2.com
  ★登録解除 → → →  http://www.mag2.com/m/0000178208.html
★本誌バックナンバー
   ⇒ http://offshorebank.blog39.fc2.com/blog-category-13.html

 『HSBCオフショアに海外口座を作り、活用する方法!』
□----------------------------------------------------------------□
   Copyright(c) 2006 ZENT All Rights Reserved.


スポンサーサイト




トップ(目次ページ)へ戻る

2005/12/31 00:17


トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


<<<18>HSBCオフショア口座、日本人は開設できない!? | Top | <16>最低預け入れ額に変更がありました!>>




Comment


コメント












管理者にだけシークレットコメントをおくる



Trackback
Trackback URL
→http://offshorebank.blog39.fc2.com/tb.php/144-b96d1a8f
FC2blog user only
| Top |
-- charset="euc-jp">