ホームへ戻る | メルマガ登録・バックナンバー | 無料レポート | 質問・お問合せお気に入りに追加




HSBCオフショア口座は、海外での資産運用に最適です!日本に居ながら開設できます!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




トップ(目次ページ)へ戻る

--/--/-- --:--


| top▲


(FAQを読む-13)HSBCオフショアでファンドに投資する場合の手数料は?
☆HSBCオフショアサイトのFAQページを英語で読むには
 ⇒ HSBCオフショアFAQページ


原文です。
-----------------------------------------
(Q)
What are the fees and charges for investments with HSBC Bank International?

(A)
Investments
--Initial Charge

There is an initial charge for all new investments.

This is reflected in the difference between the offer price at which you buy shares and price at which you can sell.

The difference between the offer and bid prices is commonly referred to as the 'bid - offer spread'.

The initial charge for each of our funds is as followes:

* US Index Dund - 1% (for investments via our website)
* Stering Income Fund - 3%
* Freedom sub-funds - 5.25%
* International Select Fund - 5.25%
* Capital Secured Growth Funds - the charges are contained within the brochure published for each launch.
-----------------------------------------


訳します。
-----------------------------------------
(Q)
HSBCオフショアを通じてファンドに投資する場合の手数料は?

(A)
投資における初期手数料

新規に投資する場合には初期手数料がかかります。

これは買値と売値の差に含まれています。

この買値と売値の差のことを一般に「ビッド・オファー・スプレッド」と呼びます。

HSBCオフショア経由で購入できるファンドの初期手数料は以下の通りです。

* USインデックス・ファンド →(価格の)1%(サイトを通じた購入時)
* 英ポンド・インカム・ファンド →(価格の)3%
* フリーダム サブ・ファンド →(価格の)5.25%
* インターナショナル・セレクト・ファンド →(価格の)5.25%
* 元本保証・グロース・ファンド →それぞれの公募パンフに掲載されます。
------------------------------------------


もうひとつ原文です。
---------------------------------------------------------
(A)
Annual management charge

There's also an annual management charge to cover investment management and administration costs.

This fee is calculated on a daily basis and deducted from the capital value of the fund. The charge varies between different funds and fund classes, and you'll find the details in the fund brochure and prospectus.
---------------------------------------------------------

訳します。
---------------------------------------------------------
年間手数料

また投資の管理、事務コストのために年間手数料がかかります。

これは保有日数に比例して計算され、ファンド価値から(毎年一度)引かれます。
手数料額はファンドの種類やクラスにより違います。詳細は、各ファンドのパンフ、目論見書に記載されています。
---------------------------------------------------------


解説します。

たとえば円を外貨に替えるときにTTB(購入価格)とTTS(売却価格)の値差が銀行への手数料となるのと同じで、ファンドの手数料もこれらの価格差(スプレッド)に含まれています。

つまり、購入時の時価よりも買値は高く、売却時の時価よりも売値は安くなります。

HSBCオフショアで購入できるファンドの種類は、

★$5000から投資でき、Freedom の銘柄へのスイッチも自由にできるドル建ての「 USインデックス・ファンド 」
~何のインデックスかといえば、USスタンダード&プアーズが選んだ500社の株式指標です~

★£1000から投資できるローリスクの 「 英ポンド・インカム・ファンド 」

★35種類のサブ・ファンドから自由に銘柄とリスクを選択し設定できる 「 フリーダム 」

★投資国、さらに株式と債権の割合でリスクを選べる 「 インターナショナル・セレクト・ファンド 」

★発売期間と満期日が限定で元本保証の 「 元本保証・グロース・ファンド 」

などがあります。


加えて、上記以外に、担当者に問合せれば、個別に HSBC plc が選んだ他会社の1万種類以上のオフショア・ファンドから選択できます。

個人的には、フリーダム から組み合わせて買う方法が面白そうです。
年間、6回まで同じ Freedom 内の他の銘柄に無料でスイッチもできます。

詳しくは、HSBCオフショアのサイトを参考にしてください。
http://www.offshore.hsbc.com/1/2/international/investments/hsbc-funds

ちなみに日本の居住者は株式(Online share dealing)はできません。


⇒ FAQを読む、目次ページへ
スポンサーサイト




トップ(目次ページ)へ戻る

テーマ=海外口座 - ジャンル=株式・投資・マネー

2006/05/21 17:34


トラックバック(0) | コメント(3) | top▲


<<HSBCオフショアでファンド購入について相談するには | Top | (FAQを読む-12)ポンド以外の通貨で小切手を使うには?>>




Comment
結局ファンドは1つ申し込んでみました。
元本保証型のBRICグロースファンドです。
元本保証型はパフォーマンスはあまり望めないようで、一般には否定的な人が多いようです。
試行錯誤しながらやってみます。

ところで、ファンド申込みをファンド会社に、支払指示書を銀行に、2通に分けてEMSで送りました。
EMSは高いので迷ったのですが、ケリー海野さんは銀行との連絡には普通便で送っていますか?
【2006/10/29 21:40】 URL | ラクーン [ 編集] | top▲


購入するファンドにもよると思いますが、いったん口座を開設した人は、もういちいち住所確認書類やパスポートの認証は不要なケースがほとんどです。

ただファンド購入の申込書を入手し、記入&サインし郵送することは必要になります。

ファンド購入の申込書には、ファンドの説明資料も当然ついてきますが、それらももちろん全て英語です。

挫けそうな気持ちをちょっと奮い立たせて、頑張ってみてください。
でもまあ、せっかく銀行口座がまずは開設できたことだし、ちょっと休憩してみてまたやる気がみなぎってきてからファンド購入に手をつけてみてはどうでしょう?

では、また!
【2006/10/27 00:44】 URL | ケリー海野 [ 編集] | top▲


入金が完了したのでファンドを買おうと思ったのですが、申請書類の他に、またもやパスポートや居住確認書類が必要なのでしょうか?(^^;
それに、申請書があんなにたくさんあると挫けそうです。。。
【2006/10/26 21:11】 URL | ラクーン [ 編集] | top▲




コメント












管理者にだけシークレットコメントをおくる



Trackback
Trackback URL
→http://offshorebank.blog39.fc2.com/tb.php/146-db0c89d9
FC2blog user only
| Top |
-- charset="euc-jp">