ホームへ戻る | メルマガ登録・バックナンバー | 無料レポート | 質問・お問合せお気に入りに追加




HSBCオフショア口座は、海外での資産運用に最適です!日本に居ながら開設できます!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




トップ(目次ページ)へ戻る

--/--/-- --:--


| top▲


口座に発生するペナルティについて、もっと詳しく教えてください
以前の記事、ペナルティはどういう時に発生する? に対して、kuloさんよりコメント(質問)をいただきました。


≪kuloさんの質問≫

イマイチ意味がわかりません。上記例の米ドルとユーロとポンドの口座を開設し、ポンドでたいとします。

まず、米ドルの口座開設するのに1万ドル預入して米ドル口座を開設しました。
口座開設が済んだら出金し、そのお金でユーロの口座開設をしました。
またそれが済むと出金し、今度はそのお金でポンドの口座開設をし、定期預金をしました。

って、できるんですか?

口座開設したものの定期とかしなければ、残金0でもペナルティーかからないのでしょうか?

すみません、アタマ悪くて・・・
よろしくお願いいたします。


≪お答え≫

いえいえ、こちらこそ説明が分かりにくかったかもしれません。

結論をいうと、そういうことは可能です。
ただし、別の通貨の口座に移すときに、両替が発生しますから、為替両替手数料がかかります。

ですからその度に元金がどんどん目減りしてしまいます。

それと、ペナルティについてですが、例えば kuloさんがHSBCオフショアに口座を開設したとします。

kuloさんは、そのご自分の名義の口座(総合口座)の中に、いろんな口座を開設できます。

当座預金、普通預金、定期預金などいろんな通貨で開設できます。

ペナルティが発生するのは、これらの残高の合計、つまり kuloさんの総合口座内の残高計をポンドに換算し、5000ポンドより少なければ毎月15ポンドのペナルティを引かれていく、ということです。

ですから例えば、米ドルの当座預金口座の残高がゼロでも、その他の口座に十分な残高があり、全体として kuloさん名義の総合口座の残高計が5000ポンド以上であればペナルティは発生しません。

なんだかまた難しい説明になってしまったかも。。

スポンサーサイト




トップ(目次ページ)へ戻る

テーマ=海外口座 - ジャンル=株式・投資・マネー

2006/07/19 20:08


トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


<<HSBCオフショアのスタッフからのメールアドレス | Top | ゼロ金利政策解除・・家計にどう影響する!?>>




Comment


コメント












管理者にだけシークレットコメントをおくる



Trackback
Trackback URL
→http://offshorebank.blog39.fc2.com/tb.php/169-b754df41
FC2blog user only
| Top |
-- charset="euc-jp">