ホームへ戻る | メルマガ登録・バックナンバー | 無料レポート | 質問・お問合せお気に入りに追加




HSBCオフショア口座は、海外での資産運用に最適です!日本に居ながら開設できます!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




トップ(目次ページ)へ戻る

--/--/-- --:--


| top▲


オフショア口座と、日本の銀行での外貨預金、何が違う?(1)税金
たとえば、オフショア口座と日本の銀行にそれぞれ英ポンド口座を開き、10,000ポンド預け、どちらも年利5%の利息がつくとします。
その場合、1年後にあなたが受け取れる利息は・・

オフショア口座
  10,000 X 5% = 500 ポンド 

日本の銀行の外貨預金
  10,000 X 5% X 80% = 400 ポンド

どこが違うかというと、日本では税金として、利息のうち2割を自動的に引かれてしまうところです。

外貨預金に限らず、普通預金、定期預金もそう。
とにかく預金の利息のうち2割は税金として徴収されてしまうのです。

たとえ年間の利息がたった5円だとしてもそのうちの2割、つまり1円は税金として引かれます。


ちなみにずっと利息が5%として10年後に元金10,000ポンドがいくらになっているか計算してみると、

オフショア口座 =15,513 ポンド

日本の外貨預金 =14,233 ポンド

※差は1,280 ポンド(1ポンド205円として、約26万円の差!)


さらに20年後には、

■オフショア口座 =25,270 ポンド

■日本の外貨預金 =21,068 ポンド

※差は4,201 ポンド(1ポンド205円として、約86万円の差!)


10年後に約26万円、20年後には約86万円!
利息から2割税金として徴収されることによって、あなたが受け取れる額にはこれだけの差が生じます。

同じ「利息5%」といっても、オフショア口座と日本の外貨預金では資金の増え方がこんなにも違うのです。。

<関連記事>
オフショア口座と、日本の銀行での外貨預金、何が違う?(2)引き出し
オフショア口座と、日本の銀行での外貨預金、何が違う?(3)両替
海外口座と日本の口座の違いは?

海外口座一般についてのQ&A
スポンサーサイト




トップ(目次ページ)へ戻る

テーマ=海外口座 - ジャンル=株式・投資・マネー

2006/08/06 09:36


トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


<<オフショア口座と、日本の銀行での外貨預金、何が違う?(2)引き出し | Top | 海外口座と「自分の力で」付き合うための強力ツール>>




Comment


コメント












管理者にだけシークレットコメントをおくる



Trackback
Trackback URL
→http://offshorebank.blog39.fc2.com/tb.php/187-981b4e58
FC2blog user only
| Top |
-- charset="euc-jp">