ホームへ戻る | メルマガ登録・バックナンバー | 無料レポート | 質問・お問合せお気に入りに追加




HSBCオフショア口座は、海外での資産運用に最適です!日本に居ながら開設できます!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




トップ(目次ページ)へ戻る

--/--/-- --:--


| top▲


オフショア口座と、日本の銀行での外貨預金、何が違う?(2)引き出し
たとえば、オフショア口座と日本の銀行にそれぞれ英ポンド口座をもっているとします。

イギリスへ旅行するので 1,000ポンド を現金で引き出したいとします。

オフショア口座
例えばHSBCオフショアなら、英ポンド口座のデビットカードで現地のATMで手数料無料で引き出せます。
つまり1,000ポンドをそのまま手にすることができます。

日本の外貨預金口座
英ポンドのまま引き出すことはできません。
いったん日本円に両替し、日本円で引きだし、それをまたポンドの現金に交換する、という手順を踏むことになります。
手間がかかるだけでなく、これによって2回も為替両替手数料を払うことになります。

このときかかる手数料を計算してみましょう。
例えば都市銀行ではだいたい1ポンド当たり、片道4円。

まず日本円への両替に対して 1,000 X 4 = 4,000 円。 
同様に、それを英ポンドの現金へ両替するとき また 4,000 円。

つまり、1,000ポンドの現金を手にするためには手数料を8千円も払わされることになります。

なぜ「自分のポンド口座」なのに、直接現金を引き出せないのか?

こういうシステムのおかげで日本の銀行はちゃっかり儲けているのです。
 
<関連記事>
オフショア口座と、日本の銀行での外貨預金、何が違う?(1)税金
オフショア口座と、日本の銀行での外貨預金、何が違う?(3)両替
海外口座と日本の口座の違いは?

海外口座一般についてのQ&A
スポンサーサイト




トップ(目次ページ)へ戻る

テーマ=海外口座 - ジャンル=株式・投資・マネー

2006/08/06 09:38


トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


<<オフショア口座と、日本の銀行での外貨預金、何が違う?(3)両替 | Top | オフショア口座と、日本の銀行での外貨預金、何が違う?(1)税金>>




Comment


コメント












管理者にだけシークレットコメントをおくる



Trackback
Trackback URL
→http://offshorebank.blog39.fc2.com/tb.php/188-924e9834
FC2blog user only
| Top |
-- charset="euc-jp">