ホームへ戻る | メルマガ登録・バックナンバー | 無料レポート | 質問・お問合せお気に入りに追加




HSBCオフショア口座は、海外での資産運用に最適です!日本に居ながら開設できます!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




トップ(目次ページ)へ戻る

--/--/-- --:--


| top▲


オフショア口座と日本の銀行の外貨預金、最大の違いとは・・
以前、日本の銀行で外貨預金とオフショア口座の違いについて、3つの記事を書きました。

オフショア口座と、日本の銀行での外貨預金、何が違う?(1)税金

オフショア口座と、日本の銀行での外貨預金、何が違う?(2)引き出し

オフショア口座と、日本の銀行での外貨預金、何が違う?(3)両替


それでもあれから、かなり方から「別にそんなに大きな違いじゃないんじゃない?」といったメールが届きました。

「大きな違い」かどうかは人それぞれの判断によりますが、こういうメールをくれた方たちに共通した点があるようです。


(1)資産運用を目的としていない

日本で暮らしながら、あるいは海外旅行しながらちょくちょく引きだしたりするような使い方だけを考えるなら、オフショア口座は向いていません。

引き出しのたびに手数料もかかりますし、日本の銀行のほうが良いかもしれません。


(2)日本の銀行での外貨預金でも、「資産の分散」ができていると思っている。

「資産の分散」とは、資産をさまざまに異なった形態で保有することで、もしものときの危険を最小限に押えることです。

例えば、全ての資産を日本の銀行預金にしている場合、急なインフレや円金利の上昇時に大きく資産を目減りさせてしまうことになります。

そこで、資産の一部を金や外貨に替えておけば、ダメージは小さく済むばかりか、得するケースもありえます。

とにかく先のことは誰にも分からないので、長期的な資産運用を考える場合、この「分散」という考え方は大切です。

しかし!

単に、日本の銀行内で外貨預金をしても、それでは本当の分散とは言えません。

引き出すには日本円に替えなければなりませんし、外貨のまま引き出すことができても高い手数料を取られます。

それに、海外から日本の外貨預金を直接引き出すことはできません。

つまり、日本の外貨預金では、日本国内に日本円で持っているのと大差がないのです。

あと心配なのは、日本の増税路線。今後、もし外貨預金にもっと課税されるようなことがあればダメージです。

この点、海外銀行に預金していれば日本の増税路線も一応は安心です。

スポンサーサイト




トップ(目次ページ)へ戻る

2006/09/28 23:00


トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


<<速報!オフショア口座の変更点 (その2) | Top | 速報!オフショア口座の変更点>>




Comment


コメント












管理者にだけシークレットコメントをおくる



Trackback
Trackback URL
→http://offshorebank.blog39.fc2.com/tb.php/213-0b8cda7a
FC2blog user only
| Top |
-- charset="euc-jp">