ホームへ戻る | メルマガ登録・バックナンバー | 無料レポート | 質問・お問合せお気に入りに追加




HSBCオフショア口座は、海外での資産運用に最適です!日本に居ながら開設できます!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




トップ(目次ページ)へ戻る

--/--/-- --:--


| top▲


バンクステートメントについて教えてください。
<ご質問>
バンクステートメントとして、残高証明書に取引履歴を機械で打ち出したものを添付すれば大丈夫なのではないでしょうか?

またシティバンクなどで発行してもらえる英語のステートメントなら認証も不要なのですか?


<回答>
確かに残高証明書に取引履歴を添付すれば、情報としてはステートメントに相当するとは思いますが、それは「ステートメント」ではありません。

本来、ステートメントとは、銀行が取引履歴を毎月レポートとして顧客に送付するものを指します。

私としては、HSBCの口座開設についての注意書きのなかの、

「We will require certified copies of the most recent month’s main bank account statements. Temporary Transaction lists are not acceptable.」

より、残高証明付きとはいえ、取引履歴を打ち出したものを添付すればはねられると考えます。

でも2度手間覚悟なら試しに残高証明+取引履歴で送ってみてもいいでしょう。こんなことで口座開設を却下されることはありえません。もしダメならその旨、指摘が来るので、それに従って正式なステートメントを送ればいいだけのことです。


銀行が直接英語で発行したステートメントなら原紙を送るなら認証は不要です。
コピーを送るなら認証が必要になりますので必ず原紙を送るようにしてください。

スポンサーサイト




トップ(目次ページ)へ戻る

テーマ=海外口座 - ジャンル=株式・投資・マネー

2007/02/17 11:30


トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


<<口座をまるまる解約する場合にかかる手数料は? | Top | クレジットカード、日本と同じく、一括で返せば金利負担はないのですか?>>




Comment


コメント












管理者にだけシークレットコメントをおくる



Trackback
Trackback URL
→http://offshorebank.blog39.fc2.com/tb.php/252-e077089a
FC2blog user only
| Top |
-- charset="euc-jp">