ホームへ戻る | メルマガ登録・バックナンバー | 無料レポート | 質問・お問合せお気に入りに追加




HSBCオフショア口座は、海外での資産運用に最適です!日本に居ながら開設できます!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




トップ(目次ページ)へ戻る

--/--/-- --:--


| top▲


開設してからずっと残高ゼロのままの口座はどうなる?
<ご質問>
おかげさまで口座開設できました!ようやく最初の送金が済んだところです。

ところで資金量の関係で、Offshore Bank Account には送金せず、目的の外貨(NZD)の Currency Savings Account に最低預け入れ金額相当+αを送金したのですが、Offshore Bank Account (ポンド) にはデビッドカードを作ってしまっているのです。0ポンドのままで開設後3ヶ月が経過しようとしますが、何か問題になるようなことはあるでしょうか?

それから、もう一つあります。
Fixed Deposit を新しく開設して、上述の Currency Savings から資金を移し換えたいのですが、Internet Banking の操作を進めようとすると

Amount to transfer
Amount to deposit

のいずれかであるかを問われます。それぞれの違いは何なのでしょうか?
よろしくお願いします。


<回答>
早速ですが、残高がゼロの口座は、前触れ無くクローズされる可能性があります。

たとえわずかでも残高があれば、名義人の確認がないとクローズされませんが、残高ゼロは危険です。

私の場合は、デビットカードは作ってなかったのですが、半年もたたないうちにクローズとなっていました。

あとでメールで聞いたら、一応、クローズする前には名義人へ確認の連絡を取るようなのですが、連絡が取れない場合は仕方なくクローズするとのこと。デビットカードがあっても残高がゼロでは、不安です。

まあ、クローズされてもまた申し込めば開設できますが、申込書をまた書いて送るのも面倒です。
早めに少しでも入金しておくべきでしょう。

それと、2つ目のご質問ですが、以前、他の方へ返答した内容を添付します。

---------------------------------------------
例えば、米ドル口座からユーロ口座へ資金を移動させたい場合、Amounto to transfer へ入力するなら米ドルで指定することになります。

このとき、指定した金額から為替両替手数料を差し引かれた金額がユーロに換算されて移動先の口座に入金されます。

またAmount to deposit ならユーロで指定します。この場合、指定した額通りの金額が入金されますが、
移動元の口座からは、指定した額(ユーロ)を米ドルへ換算した額(米ドル)に為替両替手数料がプラスされた
額が引かれることになります。

分かりにくいかもしれませんが、よく読んで理解してくださいね。

たとえば、米ドル口座に12,345ドルの残高があり、これを全部ユーロ口座に移したいとします。

この場合、Amounto to transfer で指定するのが簡単です。そのまま12,345と入力するだけですから。

Amounto to deposit で指定しようとすると面倒です。このときの為替手数料を自分で計算して、それを引いた
額をユーロに換算して入力しないといけません。(ただしTTBで換算すれば、両替手数料を自分で考慮する必要はありませんが・・)

ですから、ぴったり12,345ドルを元の口座から移動させるのは至難の業かもしれません。

分かりましたか?(説明下手ですいません。)

スポンサーサイト




トップ(目次ページ)へ戻る

テーマ=海外口座 - ジャンル=株式・投資・マネー

2007/02/17 12:15


トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


<<久しぶりの新しい記事一覧 | Top | HSBCへの送金ですが、専用の用紙で送金するように言われました。>>




Comment


コメント












管理者にだけシークレットコメントをおくる



Trackback
Trackback URL
→http://offshorebank.blog39.fc2.com/tb.php/256-93068ccd
FC2blog user only
| Top |
-- charset="euc-jp">