ホームへ戻る | メルマガ登録・バックナンバー | 無料レポート | 質問・お問合せお気に入りに追加




HSBCオフショア口座は、海外での資産運用に最適です!日本に居ながら開設できます!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




トップ(目次ページ)へ戻る

--/--/-- --:--


| top▲


米ドル、ユーロでもクレジットカードが持てるようになりました!
私は当座預金口座(オフショア・バンク・アカウント)をもってないので、当然、カードもありません。
なので今まで気がつかなかったのですが、HSBCオフショアのクレジットカードは、以前は英ポンド口座にしか作れなかったのに、今ではユーロでも米ドルでも作れるようになっています。

そこで簡単に概要をチェックしてみました。


(1)英ポンドのクレジットカード

英ポンドの当座口座(オフショア・バンク・アカウント)を持っている必要があります。
年会費=なし、クレジット限度額=2000ポンド、1日の最大キャッシング額=300ポンドです。

あと、家族用なら追加で1枚、無料でカードを作れますし、ネットバンキングで残高確認や返済手続きもできます。

返済利息は、買い物ならカード開設後12ヶ月以内は無料期間ですし、その後も買い物日から56日以内ならゼロです(ただし全額を翌月の締め日までに返済することが条件)。

それ以外の返済利息は基本的に年率15.9%。ちょっと高いですね。。

ちなみにクレジット会社はマスターカードですが、希望すればVISAでもOKのようです。ただ、利息の無料期間は開設後3ヶ月間のみとなります。

要注意なのは、返済は自動引き落としではなく、クレジット会社への送金手続きが必要だということです。
これはネットバンキングでできるのですが、ちょっと面倒ですよね。



(2)ユーロ、米ドルのクレジットカード

ユーロ、米ドルの当座口座(オフショア・バンク・アカウント)を持っている必要があります。

要注意なのは、これはチャージカード”だということです。何ヶ月にも渡ってクレジットできるわけではなく、翌月締め日までに全額返済、というスタイルです。
ただし、返済手続き(カード会社への送金処理)は不要で、オフショア・バンク・アカウントから自動引き落としとなります。

年会費=なし、クレジット限度額=なし(ただし、翌月締め日までに全額返済が必要)、キャッシング限度額は1週間あたり1000ユーロ/ドルです。
ただし、旅行障害保険、提携ホテルの割引など、付帯サービスがいろいろとあります。

あと、家族用なら追加で1枚、無料でカードを作れますし、ネットバンキングで残高確認もできます。

クレジット会社はアメックスで、カード種類はグリーンカードとなります。その他、ゴールドカードもあり、より有利な点が多い反面、年会費が300ユーロ/ドル必要となります。


その他、HSBCオフショア・クレジットカードについての詳細は、以下を参照ください。
⇒ http://www.offshore.hsbc.com/1/2/international/cards
スポンサーサイト




トップ(目次ページ)へ戻る

テーマ=海外口座 - ジャンル=株式・投資・マネー

2008/01/02 20:40


トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


<<新年特別企画、定期優遇金利キャンペーン!、でも・・ | Top | HSBCオフショアのホームページを見てみよう!(6) >>




Comment


コメント












管理者にだけシークレットコメントをおくる



Trackback
Trackback URL
→http://offshorebank.blog39.fc2.com/tb.php/272-230e5acf
FC2blog user only
| Top |
-- charset="euc-jp">