ホームへ戻る | メルマガ登録・バックナンバー | 無料レポート | 質問・お問合せお気に入りに追加




HSBCオフショア口座は、海外での資産運用に最適です!日本に居ながら開設できます!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




トップ(目次ページ)へ戻る

--/--/-- --:--


| top▲


創刊号
■---------M-ID:0000178208-----------------------------------■

   HSBCオフショアに海外口座を作り、活用する方法!

■-----------------------------------// 創刊号 //------------■


            1998年、日本の金融ビックバン・・・
       
         いったいどれほどの効果があったのだろう・・・ 
  
     そう思うあなたは、取り残されているかもしれない・・・
      
   こんなに自由なのに、まだ日本から飛びたてないなんて・・・

→→→→→→→→→→→→→ http://offshorebank.blog39.fc2.com

 
 僕は2年前、HSBCオフショアに海外口座を開設しました。

 HSBCオフショアは、わざわざ海外に出向く必要もなく、日本に
 いながら口座を開設することができます。

 しかし・・・そんなに簡単ではありませんでした。


 書籍を頼りにチャレンジしましたが、やっているうちにいろいろ
 分からないことが出てきます。

 それでも諦めずにコツコツと壁を乗り越え、ようやく手にした
 海外口座ですが、おかげでいろんな知識を身につけることが
 できました。

 今では、その口座で高金利のNZドルで定期預金したり、
 海外ファンドを売買したり、便利に活用しています。


 2年前の僕のように、HSBCオフショアへ海外口座を開きたい!
 活用してみたい!でもそこから先に進めないっていう方は、

 ぜひこのメルマガをガイドブックとして、日本を飛びたって
 ほしいと思います。



★HSBCオフショアとは!?
 ------------------------

 世界第2位の金融グループHSBCのオフショア部門です。

 オフショアとは、一般に税金がほとんどかからない国や地域
 のことで、「タックスヘブン」とも呼ばれています。

 だからオフショア銀行での預金利子や投資利益には
 課税されません。

 つまり、「格付けが最高クラスで、タックスフリーの海外銀行」
 と言えるでしょう。

 具体的には、HSBCオフショアといえば、イギリス領の
 ジャージー島、ガンジー島、マン島にそれぞれ支店があり、
 希望すればどの支店でも口座開設可能です。


  ※イギリス領ということは、イギリス本国とは別の主権
   を持った政府がそれぞれの島にあるということです。
   
   なので、イギリス本国の銀行ではイギリスの法律に従って、
   利子や利益に課税されますが、

これら3つの島のそれぞれの法律では、
当地の政府への税金はフリー、ということです。


  ※日本に居住する日本人は、日本政府に対しては
   納税義務があります!



★他にオフショア銀行はないの!?
---------------------------

 オフショアの国や地域は世界中にあるので、当然
 オフショア銀行はたくさんあります。



★どうして僕はHSBCオフショアを選んだか!?
-----------------------------------------

 ⇒ 日本にいながら、口座を開設できる


 ⇒ 格付け安全、英語がきちんと通じ、充実のネットバンキング 


 ⇒ 14種類もの通貨に対応した総合口座である


 ⇒ 最低預入額も比較的低額


 ⇒ もともと世界中の人々を対象にしたサービスなので、
   口座開設後も現地の支店へ行く必要は全くない。

   (通信手段だけで全ての手続きが行える)


 ⇒ 銀行口座を通じて海外ファンドや株に投資できる


 ⇒ 世界中のATMで現金が引き出せる

   (日本でも郵便局をはじめ、使えるATM多数)


 逆にいえば、このような条件を全て満たす銀行が他に見当たり
 ません。だから僕はHSBCオフショアを選びました。 



★その他の海外銀行について
---------------------

 日本人が口座を開設できる海外銀行は、世界にたくさんあります。

 特に人気なのは、やはり香港・シンガポールのHSBCや
 シティバンク、それにハワイの銀行や、オーストラリアそれに
 ニュージーランドの銀行などです。


 香港やシンガポールも銀行預金や投資についてはオフショア地域
 といえますが、基本的に、現地居住者対象のサービスなので、
 
 口座開設には現地支店へ行かなくてはならなかったり、
 すでに口座を持っている人の紹介状が必要だったりします。


 ハワイやオーストラリアなどの銀行も現地へ行きさえすれば、
 簡単に口座開設できますが、日本にいながら自分で開設
 することはできません。


   ※シティバンク香港、シンガポールでは日本にいながら
    口座開設可能ですが、必要書類の準備に壁があります。
 
   ※ANZ(オーストラリア・ニュージランド銀行)では、
    日本の支店が現地の口座開設を取り次いでくれますが、

    その後、現地へ行って手続きしないと、カードや
    インターネットバンキングが使えず、実質、
    休眠口座となります。

    何年も放置していると、口座取り消しのうえ、資金は
    現地政府にすべて納められてしまいます。   



★ユニオン・バンク・オブ・カリフォルニア
 ------------------------------------

 最後に、東京三菱銀行が開設を取り次いでくれる、アメリカの
 「ユニオン・バンク・オブ・カリフォルニア」
 ですが、ここなら簡単に口座開設できます。


 米ドルのみの口座なので、利息は期待できませんが、低額で開設
 できますし、海外の銀行に慣れるという意味ではとても良いと
 思います。

 それに、一度海外の銀行に口座を持ては、英文の住所証明書
 やバンク・リファレンス(←注)も発行してもらえ、
 
 後にほかの海外銀行の口座開設のときにとても助かります。

 
 でも僕として、はHSBCオフショアに比べるとやはり
 物足りません。

 理由は長くなるので、また後日記事で書きたいと思いますが、


 「最初はユニオン・バンク・オブ・カリフォルニアで
  口座を開き、それを他の海外銀行の口座開設への
  ステップにする」


 というのは、HSBCに限らず、いろんな海外銀行の口座開設に
 有効な裏技です。。


  ※先ほど、シティバンク香港、シンガポールでは日本に
   いながら口座開設するには、必要書類の準備に壁がある、
   と書きましたが、実はこれに対しても有効な裏技
   となります。


 とりあえず、今回は以上となります。
 それでは、今後の記事をお楽しみに。



<<著者プロフィール>>
--------------------

 ケリー海野、37歳。

 2年前まで郵便貯金しか経験無し。

 その後、突如「日本の破綻」についての本を読み、
 日本だけに資産を置くこと、日本円だけで資産を
 持つことの危うさを知る。

 そしていろいろ調べた結果、HSBCオフショア
 への口座開設チャレンジを決意。

 ノウハウ本を片手に試行錯誤の末、何とか成功。
 すぐにNZドルで定期預金し、さらに海外ファンド
 を米ドル建て、ユーロ建てのものを購入。

 その後の円安傾向もあり(特に最近凄いですね!)、
 かなり資産を増やす。  

 調子に乗って、今ではFXにも夢中。。

 海外勤務経験もあり、英語は得意。
 
 将来はニュージーランドに移住を夢見ている。


□------------------------------------------// Just do it! //----□
 ご意見、ご感想、ご質問、何でも歓迎です。       
 ぜひメール下さい!!               
    
 Eライフサポーター ケリー海野          

  Email → → → → kaz1@doelife.com
  ブログ → → → → http://offshorebank.blog39.fc2.com
  登録解除 → → →  http://www.mag2.com/m/0000178208.html
                              
---------------------------------------------------------------
 Copyright(c) 2005 ZENT(ゼント) All Rights Reserved.
□---------------------------------------------------------------□
スポンサーサイト




トップ(目次ページ)へ戻る

テーマ=海外投資 - ジャンル=株式・投資・マネー

2005/12/30 00:01


トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


<<<1>支店の選び方(DEC13,2005) | Top | リンク集(他ジャンル)>>




Comment


コメント












管理者にだけシークレットコメントをおくる



Trackback
Trackback URL
→http://offshorebank.blog39.fc2.com/tb.php/40-778c8c6b
FC2blog user only
| Top |
-- charset="euc-jp">