ホームへ戻る | メルマガ登録・バックナンバー | 無料レポート | 質問・お問合せお気に入りに追加




HSBCオフショア口座は、海外での資産運用に最適です!日本に居ながら開設できます!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




トップ(目次ページ)へ戻る

--/--/-- --:--


| top▲


<1>支店の選び方(DEC13,2005)
■-----------ID:0000178208------------------------------------------■

      HSBCオフショアに海外口座を作り、活用する方法! No.1

■-----------------------------------------------// Dec.13,05' //---■


                1998年、日本の金融ビックバン・・・
       
             いったいどれほどの効果があったのだろう・・・ 
  
         そう思うあなたは、取り残されているかもしれない・・・
      
       こんなに自由なのに、まだ日本から飛びたてないなんて・・・

→→→→→→→→→→→→→→→→ http://offshorebank.blog39.fc2.com


 さて、つい先ほど、メルマガ発行承認メールがまぐまぐから来てたことに
 気がつきました!!。(笑)


 という事で、ここ数日、記念すべきメルマガ発行第 1号はどんな内容に
 しようかと考えていたんですが、なんと昨日、僕のブログを探し当てて、
 メールをくれた方がいたんです! 

 
 早速、返事を書き、メルマガで紹介させてもらうことにしました。

 -------------------------------------------------
 ケリー海野様
 
 初めまして。突然のメールをお許しください。

 Googleで検索して「HSBCオフショアで海外口座を開いて活用する
 方法!!」のブログにたどり着きました。
 ちょうど今HSBCオフショアの口座申込書を送ってもらって悪戦苦闘してる
 ところです。
 
 支店はマン島・ジャージー島・ガンジー島などから選べるようですが、
 場所によって良い点悪い点というのはあるのでしょうか。
 もしご存知でしたら教えていただけると助かります。

 それでは、ブログ楽しみにしています。
---------------------------------------------------


 僕は自分以外で、HSBCオフショアの口座開設にチャレンジしてる
 方と始めてメール交換し、あー、やっぱりそういう人っていっぱい
 いるんだなー、と思いました。


 だって身の回りじゃいないですもんね。
 っていうか、皆あまり人には言わないだけかも。。


 でも一生懸命、口座開設に向けて頑張っている様子が
 伝わってきて、もう思いっきり応援したくなってしまいました。


 それでは、以下、僕の返信メールです。


 ---------------------------------------------
 Yさん、

 メール、ありがとうございます!

 ブログは先週とりあえず作っただけで、まだどの検索サイト
 にも登録していないので、見てくれている方がいるとは
 思いませんでした!

 なので、とても嬉しいです!

 今、メルマガ申請中なので、メルマガ発行承認がおりたら、
 ガンガンブログとメルマガで記事を書いて行こうと
 思っています。

 ぜひ、その時はメルマガもよろしくお願いします。


 ところで、今、ちょうどHSBCオフショア口座開設と活用法
 について、Eブック執筆中で、その中にも書いてること
 なんですが・・、お教えしちゃいます!!

 なんといってもYさんは、始めてメールいただいた方なので。。


 結論から言うと、HSBCのサービスの面では、
 私の知る限り、気になる差はありません。

 ただ、ポイントは、場所が違うことです。

 3つの島は、イギリス領の自治区で、それぞれ独立した
 政府があり、法律があります。

 実は、法律で預金保険制度がある島が1つあるんです。


 それはマン島です。

 マン島は、世界の年金や保険の基金の運用資金が特に集中している
 関係かもしれませんが、法律ですから当然、その中にある
 HSBCマン島支部にある預金についても適用されます。

 実は僕は自分の口座開設の時、これを知らず、ジャージー島
 に口座を開いたのですが、知っていればやっぱり
 マン島にしたでしょうね。

 ちなみにそんなに保証は大きくなくて、
 預金者1人につき、預金額の75%、最高でも£15000
 相当額までの保証となっています。

 考えてみれば、マン島政府が勝手に保険かけてくれてるんだから
 恩恵にあずからないと損!?

 僕もちょっと後悔してます。。


 その点、Yさんは、真剣に事前調査しているようで、
 しっかり者ですね。。

 でもこの3つの島では日本や香港と比べて金融機関破綻の心配は
 ほとんどないといえるでしょう。

 強いて言えば、島が大地震に襲われる・・とか(笑)

 でも仮に最悪の場合でも、世界のHSBCグループですから、
 オフショア支部の一部だけ破産、ということは
 ありえないと思います。

 世界中の名だたる有力者も(恐らく)顧客の中にわんさか
 いるはずなので、そういう意味でも心強いかと。。


 それでは、開設申込書と必要書類の準備、楽しみながら頑張って
 下さい。


 PS.
 口座申込書、最近はサイトからのダウンロードはできなくなった
 はずなのによく入手できましたね。。
 もしかして英語がペラペラとか!?

 それでは。。 ケリー海野
 -----------------------------------------------------


 ちなみに、Yさんによると、英語はダメだけど、何とか乗り越えた
 とのこと! さすが!この行動力は素晴らしいっす!

 きっとYさんはもうすぐ

 「コングラッチュレーションズ! 
     ウエルカム トゥ HSBCオフショア!!」

 というメッセージを受取ることができるでしょう。


 皆さんも、何か質問あったら、メール下さいね!
 

 とは言っても、今、HSBCオフショアの口座開設についての
 情報をEブックにまとめている最中なので、このEブックの
 核心とダブる内容については、ある程度控えめな返答に
 なるかと思います。ご了承下さい。。 

 でも一般的なことならどんどんお答えしますから
 遠慮なくどうぞ!


 それでは、また! ケリー海野


□------------------------------------------------ID:0000178208------□
  ご意見、ご感想、ご質問、何でも歓迎です。
  ぜひメール下さいね!!

  Eライフサポーター  ケリー海野 
  Email → → → → kaz1@doelife.com
  ブログ → → → → http://offshorebank.blog39.fc2.com
  登録解除 → → →  http://www.mag2.com/m/0000178208.html

 『HSBCオフショアに海外口座を作り、活用する方法!』
□-------------------------------------------------------------------□
  Copyright(c) 2005 ZENT(ゼント) All Rights Reserved.
スポンサーサイト




トップ(目次ページ)へ戻る

テーマ=海外投資 - ジャンル=株式・投資・マネー

2005/12/31 00:01


トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


<<<2>身近になった海外口座(JAN05,2006) | Top | 創刊号>>




Comment


コメント












管理者にだけシークレットコメントをおくる



Trackback
Trackback URL
→http://offshorebank.blog39.fc2.com/tb.php/41-a4951a99
FC2blog user only
| Top |
-- charset="euc-jp">