ホームへ戻る | メルマガ登録・バックナンバー | 無料レポート | 質問・お問合せお気に入りに追加




HSBCオフショア口座は、海外での資産運用に最適です!日本に居ながら開設できます!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




トップ(目次ページ)へ戻る

--/--/-- --:--


| top▲


<2>身近になった海外口座(JAN05,2006)
■------ID:0000178208---------------------------------------------■

     HSBCオフショアに海外口座を作り、活用する方法! No.2

■------------------------------------------// Jan.05,06' //------■


                 1998年、日本の金融ビックバン・・・
       
             いったいどれほどの効果があったのだろう・・・ 
  
          そう思うあなたは、取り残されているかもしれない・・・
      
       こんなに自由なのに、まだ日本から飛びたってないなんて・・・

→→→→→→→→→→→→→→→→ http://offshorebank.blog39.fc2.com



 明けまして、おめでとうございます!!

 昨年末に創刊してからちょっと間が空いてしまいましたが、今日から
 どんどん発行していきますので、よろしくお願いします。(目標、週3回!)



 さて、もうすでにHSBCオフショアに口座を持っている、あるいは開設中、
 という方も多いと思いますが、まだ創刊間もないことだし、まずは海外口座
 の 基本的なことから書いていこうと思います。 

 知ってる方も復習を兼ねてサラっと読み流してくださいね。
 
 

 まず、海外口座というと、海外の支店の窓口まで行かないとダメだと思って
 いる方はいませんか?

 通常は、銀行というものはその国の居住者へサービスを提供するもので、
 そこに住んでいない人、つまり非居住者向けにはサービスをしていないのが
 普通です。

 でも、中には非居住者向けのサービスを提供している銀行もあります。

 それらのほとんどは、「オフショア」と呼ばれるエリア(国)にあり、客が
 わざわざ支店の窓口まで行かなくても、郵送、電話、ファックス、レター、
 それにインターネットなどの通信手段だけで、全ての取り引きができるよう
 になっています。



 なので、こういう銀行ならば、日本に住んでる日本人でも、海外まで
 わざわざ出向くことなく、海外口座を開設することができるのです!

 とはいえ、つい最近までは、いざ口座を開設できても、電話やファックスが
 主な管理方法だったために、日本人には非常に使い勝手が悪いものでした。
 

 
 ところが!



 ここ3年ぐらいで、そういったオフショアバンクでもインターネット
 バンキングに対応してきており、英語の苦手な人でも、24時間いつでも
 海外口座にアクセスでき、即座に色んな確認・指示ができるようになって
 きたのです。 

 もちろん、オフショア・バンクの中で、日本語に対応している銀行はない
 ので、日本人の場合、やはり、英語圏の銀行を選ぶのが一般的です。


 でも英語とはいえ、別に電話で外国人と話すわけでも、文章を英作文する
 必要はありません。

 インターネットで操作するだけです。

 日本の銀行のネットバンキングを利用している方なら分かると思いますが、
 ネットバンキングの操作で使う単語などたかが知れています。

 なので、これはもうほとんど慣れの問題です。ネットバンキングを操作する
 上では、英語力は関係ありません。その都度、ゆっくり辞書を引いても
 いいのです。


 このように、日本人にとって、海外口座というものは、以前に比べてグッと
 身近なものになってきているのです!


 
      ※次回のテーマは「オフショア」とは何か?です。お楽しみに!
 

////////////////////////////////////////////////////////////////

 僕のHSBCオフショア口座開設日記( 第1回 )

  ---------------------------------------------------------------
  僕が2年前にはじめて海外口座(HSBCオフショア)に申込んでから、
開設できるまでをドキュメンタリータッチで書くシリーズです! 
---------------------------------------------------------------

  
 僕が海外口座開設の決心をしたのは、1998年の金融ビックバンの年。

 当時、本屋にはビックバンとは!?といった本がずらりと並び、何が
 なんだかよく分からず、とにかく金融が自由化するんだ。。
 ふ~ん、ってな感じだった。

 でもそんな中、一冊の面白そうな本を発見した。
 
 タイトルは、「まずは5万ドル貯めなさい!」。

 
 内容はというと、まず5万ドルというのは約500万円。

 なぜ500万円なのかというと、海外の優良ファンドを個人が買える
 最低金額が約500万円だからだ。

 要は、頑張って500万円貯めて海外の優良ファンドを買いなさい、
 そのための資金は、香港の銀行、具体的にはHSBC香港に口座を持って、
 高金利通貨の定期預金で貯めなさい!

 ということだった。


 しかし、当時の僕は衝撃を受けた。
 
 その海外の優良ファンドというのは年利15%、HSBC香港の定期預金は
 年利5%を前提に計算していた。

 このペースで毎年100万円を定期預金に追加して、5年ごとに
 それで海外ファンドを追加購入していく。

 すると、20年後には何と!1億円貯まるという計算になっていたのだ。

 
 単純に、毎年100万円を20年貯めて2000万円。
 それが何で1億円にもなるの!?

 でも計算してみると、確かにそうなる!


 でも問題は、本当にそんなファンドがあるのか?あっても買えるのか?
 ということだった。

 そんな半信半疑な気持ちながら、そこから僕の「海外口座」と
 「海外ファンド」に対する興味が膨らみだしたのである。

 
 でもまずは海外口座。とにかくこれを持とうと思った。

 << 続く >>



 それでは今日はここまで。それではまた!

 ケリー海野


□---------------------------------------------ID:0000178208------□
  ご意見、ご感想、ご質問、何でも歓迎です。
  ぜひメール下さいね!!

  発行者 → → → →  ケリー海野 
  Email → → → → kaz1@doelife.com
  ブログ → → → → http://offshorebank.blog39.fc2.com
  登録解除 → → →  http://www.mag2.com/m/0000178208.html

 『HSBCオフショアに海外口座を作り、活用する方法!』
□----------------------------------------------------------------□
  Copyright(c) 2005 ZENT(ゼント) All Rights Reserved.
スポンサーサイト




トップ(目次ページ)へ戻る

テーマ=海外投資 - ジャンル=株式・投資・マネー

2005/12/31 00:02


トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


<<<3>オフショアとは?(JAN06.2006) | Top | <1>支店の選び方(DEC13,2005)>>




Comment


コメント












管理者にだけシークレットコメントをおくる



Trackback
Trackback URL
→http://offshorebank.blog39.fc2.com/tb.php/42-fc99286e
FC2blog user only
| Top |
-- charset="euc-jp">