ホームへ戻る | メルマガ登録・バックナンバー | 無料レポート | 質問・お問合せお気に入りに追加




HSBCオフショア口座は、海外での資産運用に最適です!日本に居ながら開設できます!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




トップ(目次ページ)へ戻る

--/--/-- --:--


| top▲


<4>オフショア銀行口座にかかる税金(JAN10.2006)
■------ID:0000178208------------------------------------------■

     HSBCオフショアに海外口座を作り、活用する方法! No.4

■----------------------------------------// Jan. 10, 06' //-----■


             1998年、日本の金融ビックバン・・・
       
           いったいどれほどの効果があったのだろう・・・ 
  
         そう思うあなたは、取り残されているかもしれない・・・
      
       こんなに自由なのに、まだ日本から飛びたってないなんて・・・

→→→→→→→→→→→→→→→→→ http://offshorebank.blog39.fc2.com



 初めての方、始めまして!購読ありがとうございます。

 これからどんどん発行していきますのでよろしく!(目標:週3回!)




 まだまだ創刊して間もないので、当面は、海外口座についての
 一般的なことについて書いて行く予定です。

 今日は「オフショア銀行口座にかかる税金」について。


 

 前回、オフショアでは、通常、銀行口座で得られる利益に対して
 課税はないと言いました。

 でもそれはその銀行のある、オフショアの国において課税されない、
 という意味です。

 日本に居住する日本人は、海外口座で得られた利益であっても、
 日本政府に対しては課税されるケースがありますので、
 注意してください。



 
 ●利息への課税について

 日本の銀行や郵便局の口座についた利息は、その20%が政府に
 納められています。

 源泉徴収ですから預金者自身は納税の手続きにかかわって
 いなので、知らない人もいるかもしれません。

 でも、たとえ利息が10円しかなくても、そのうち2円は税金として
 引かれ、実際にあなたがもらえるのは8円だけなのです。



 それに対して、オフショア銀行の場合、海外なので日本の法律
 の力は及びません。

 なので、源泉徴収などされません。

 この場合、日本の税法上、口座名義者の「雑収入」とみなされます。
 雑収入とは、簡単に言えば副収入のこと。

 そして、雑収入は、年間20万円以下なら、課税免除、
 20万円より多ければ、確定申告することになります。

 
 
 つまり、年間(1月1日~12月31日まで)に、他に副収入がなく、
 さらに、オフショア口座についた利息が円換算で20万円以下
 ならば課税はないのです!

 なので、もし他に副収入のない人なら、ほとんどの人は税金なし
 といっていいでしょう。

 なにしろ、銀行預金の利息が年間20万円というのは、最も高金利
 のニュージーランドドル定期で年利6%としても、
 元金340万円相当以上もの預金をしている人しか対象になりません。

 ということは、ほとんどの人には課税なしといえそうです。



 ところで、オフショア口座ですから、まず外貨で預金しているはず
 ですよね。

 そこで、どうやって利息額を円に換算するかですが、それは
 「利息があなたの口座に入った時点での為替レート」で換算します。



 つまり、例えば 1ヶ月定期を繰返して行く場合、毎月の利息を
 その都度日本円に換算し、それらを12ヶ月分合計した額で
 判断することになります。

 

 それでは今日はここまで。
 次回は、海外口座につくもう一つの利益、「為替差益」への課税
 についてです。

 お楽しみに!
 


//////////////////////////////////////////////////////////////

 僕のHSBCオフショア口座開設日記 ( 第3話 )

 ----------------------------------------------------------
 僕が2年前にはじめて海外口座(HSBCオフショア)に申込んでから、
開設できるまでをドキュメンタリータッチで描いたシリーズ第2話。
----------------------------------------------------------

       ※前回までのストーリーは、バックナンバー見て下さいね!
        → http://www.mag2.com/m/0000178208.html


 <前回までのあらすじ> 
    
    ようやく海外口座開設への行動を開始したが、当初考えていた
    香港の銀行は、現地へ行かなければならず断念。。

    そこで、日本にいながら口座を開けるオフショア銀行を調べ
    始めた。ところが、最初に知ったアビーナショナル銀行は・・?


 ↓↓↓ココから

 しかし!

 アビーナショナル銀行は、主要3通貨にしか対応していなかった。
 主要3通貨とは、米ドル、ユーロ、英ポンド。

 もちろんニュージーランドドルや豪ドルでの定期預金ができないのだ!

 しかも、米ドルにしろ、ユーロにしろ、定期預金するには最低
 500万円相当もの大金がいきなり必要になってしまう!

 こんなことなら、直接例の海外ファンドを買ってしまったほうが
 まだましだ。。



 とにかく、アビーナショナルはダメだ。

 僕にとって、カードとか小切手とか、ネットバンキングとか、そんな
 口座の使い勝手なんかどうでもいいのだ!

 欲しいのは、高金利通貨定期預金!高金利通貨定期預金!
 高金利通貨定期預金!高金利通貨定期預金!高金利・・

 まるで熱にうなされるようにして他の銀行をチェックしてみた。



 とはいっても、他のオフショア銀行についての情報は限られていた・・。
 頼みはインターネットしかない。

 そんな中、HSBCオフショアのウェブサイトに行き当たり、
 当然英文だったが必死で読んだ。

 すると、定期預金が£10,000相当額から可能とのことだった。
 しかもなんと当時でも11種類の通貨に対応していたのだ。

 もちろん、NZドルや豪ドルにも対応していて、定期預金も可能!

 ところで、10,000ポンドっていくらだろう?

 ええと・・1ポンドは約190円だから・・は190万円か!
 やった!これなら俺の資金でもできる!



 即、その場でサイトを通じて口座開設申込書を依頼した。

 当時はサイトからのダウンロードなんてなかったので、
 郵便が届くのを首を長くして待った。

 遅い・・。

 早くしないと、また1億円への道を忘れてしまう!早くこーい!
 という願いが通じたかどうか分からないが、無事3週間ぐらいして
 ついに、お待ちかねの申込み書を手にしたのである。

 もう待ちくたびれてフラフラだった・・


 << 続く >>



 それでは今日はここまで。それではまた!

 ケリー海野


□-----------------------------------------------ID:0000178208----□
  ご意見、ご感想、ご質問、何でも歓迎です。
  ぜひメール下さいね!!

  発行者 → → → →  ケリー海野 
  Email → → → → kaz1@doelife.com
  ブログ → → → → http://offshorebank.blog39.fc2.com
  登録解除 → → →  http://www.mag2.com/m/0000178208.html

 『HSBCオフショアに海外口座を作り、活用する方法!』
□---------------------------------------------------------------□
  Copyright(c) 2005 ZENY(ゼント) All Rights Reserved.
スポンサーサイト




トップ(目次ページ)へ戻る

テーマ=海外投資 - ジャンル=株式・投資・マネー

2005/12/31 00:04


トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


<<<5>海外口座の為替差益への課税は?(JAN16,2006) | Top | <3>オフショアとは?(JAN06.2006)>>




Comment


コメント












管理者にだけシークレットコメントをおくる



Trackback
Trackback URL
→http://offshorebank.blog39.fc2.com/tb.php/44-48588239
FC2blog user only
| Top |
-- charset="euc-jp">