ホームへ戻る | メルマガ登録・バックナンバー | 無料レポート | 質問・お問合せお気に入りに追加




HSBCオフショア口座は、海外での資産運用に最適です!日本に居ながら開設できます!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




トップ(目次ページ)へ戻る

--/--/-- --:--


| top▲


<5>海外口座の為替差益への課税は?(JAN16,2006)
■------ID:0000178208--------------------------------------------■

    HSBCオフショアに海外口座を作り、活用する方法! No.5

■----------------------------------------// Jan. 16, 06' //-----■


               1998年、日本の金融ビックバン・・・
       
           いったいどれほどの効果があったのだろう・・・ 
  
        そう思うあなたは、取り残されているかもしれない・・・
      
     こんなに自由なのに、まだ日本から飛びたってないなんて・・・

→→→→→→→→→→→→→→→→ http://offshorebank.blog39.fc2.com


 ケリーです。
 初めての方、はじめまして!購読ありがとうございます!



HSBCとは香港上海銀行という世界的なグローバルバンクです。

 このメルマガでは、そのオフショアの支店に海外口座を開設し、
 活用したい!という方に役立ついろんな情報を配信します。
 


 まだまだ創刊して間もないので、当面は、海外口座についての
 一般的なことをかいていきます。

 -----------------------------------------------------------
 


<< 海外口座の為替差益への課税は? >>


  
オフショアでは、通常、銀行口座で得られる利益に対して課税は
 ありません。

しかしそれは銀行口座のあるオフショアの国においては
 課税されない、という意味です。



 日本に居住する日本人は、海外口座で得られた利益であっても、
 日本政府に対しては課税されるケースがあります。

 そこで、前回は、預金に対する利息についての日本政府への
 納税義務について説明しましたが、今回は、海外口座で
得られるもう一つの利益について。



 ●為替差益への課税について

 海外口座に保有している外貨を、日本円に両替した時、為替益が
 出ていれば、それも口座の名義人の「雑収入」に合算します。

 たとえ、海外口座の日本円口座で預金をキープしたままであっても
 (日本へ送金しなくても)、雑収入に加えなければなりません。



 雑収入とは、前回説明しましたが、簡単に言えば副収入のこと。

 そして、雑収入は、年間20万円以下なら、課税免除ですが、
 20万円より多ければ、確定申告することになります。



 <為替差益が出た場合の一例>

 例えば、1ドル=100円の時に、100万円を海外口座に預金したと
 します。

 為替両替手数料などをいっさい無視して簡単に考えますと、
 その時点でのあなたのドル預金残高は1万ドルです。

 

 そして、1年後。1ドル=110円になっているとすると、
同じ海外口座の円口座へその1万ドルを入金すれば、

 残高は、1万 x 110円 = 110万円です。

 つまり、あなたは10万円の為替差益を得たことになります。



 すべての資金は、海外口座に預けたままであっても、日本の税法上、
 これはあなたの収入とみなされます。

 そこで、その年のあなたの他の雑収入と、この10万円とを合算して
 20万円を超えれば、確定申告しなければなりません。

 20万円以下ならば、申告不要(非課税)です。


  
 ところで、利息についてはマイナスになることはありえませんが、
為替については損が出る場合もあります。

 これについては、また次回!
 



//////////////////////////////////////////////////////////

 僕のHSBCオフショア口座開設日記 ( 第4話 )

 --------------------------------------------------------
 僕が2年前に海外口座(HSBCオフショア)に申込んだときの
体験をドキュメンタリータッチで描いたシリーズ第4話。
--------------------------------------------------------

    ※前回までのストーリーは、バックナンバー見て下さいね!
     → http://offshorebank.blog39.fc2.com



 <前回までのあらすじ> 
    
    なんとかアビーナショナルというオフショアバンクは、
定期預金をすると500万円もの資金が必要と分かり、断念。

    しかし、代りに「HSBCオフショア」というオフショアバンクを
探し当て、やっとの思いで口座申込書を入手したが・・?



 ↓↓↓ココから

 遅い!!

 早くしないと、また1億円への道を忘れてしまう!早くこーい!

 という願いが通じたかどうか分からないが、無事3週間ぐらいして
 お待ちかねの申込み書が届いた。

 もし、待ちくたびれてフラフラだった・・



 でも、この3週間のおかげで僕はHSBCのウェブサイト、それに市販の本

「小富豪のためのタックスヘイヴン入門」( a href="http://tinyurl.com/chj4v )

 を繰り返し読み、パスポートや住所証明書類を認証してくれる
 行政書士の方もネットで探しあて、見積りまでもらっていた!


 1998年からの溜まった思いが一気に爆発したのか、
 このときは本当に、自分でも不思議なほどの集中力がわき、
 申請書類、添付書類はスイスイ準備することができた。

※住所証明書類、パスポート認証などの申請書類については、
    またあらためて説明します。



 でも、いくつか壁はあった。

 まず、最初に必ずオフショア・バンク・アカウント(注)を開設
 しなきゃいけない、というルール。

    ※注 HSBCオフショアの普通預金口座の名称



 僕はNZドルで定期預金することだけが目的なのだ!

 それなのに、もしオフショア・バンク・アカウントを開いてしまうと、
 開設時、最低預入れ額が一番低い米ドル口座でも
 5000ドル、つまり約60万円も必要になる。

 当時の僕の資金では、その60万円をそっちに回すと、
 肝心のNZ定期預金の開設時の基準額が不足する、
 そんな状況だったのだ!



 まさか誰かに借金してまで、海外口座をつくるわけにもいかず、
 これには相当悩んだが、HSBCオフショアへ問合せることで、
 簡単に解決した。



 << 続く >>



 それでは今日はここまで。それではまた!

 ケリー海野


□-----------------------------------------------ID:0000178208----□
  ご意見、ご感想、ご質問、何でも歓迎です。
  ぜひメール下さいね!!

  発行者 → → → →  ケリー海野 
  Email → → → → kaz1@doelife.com
  ブログ → → → → http://offshorebank.blog39.fc2.com
  登録解除 → → →  http://www.mag2.com/m/0000178208.html

 『HSBCオフショアに海外口座を作り、活用する方法!』
□----------------------------------------------------------------□
  Copyright(c) 2005 ZENT(ゼント) All Rights Reserved.
スポンサーサイト




トップ(目次ページ)へ戻る

テーマ=海外投資 - ジャンル=株式・投資・マネー

2005/12/31 00:05


トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


<<<6>海外口座の為替差損への課税は?(JAN22,2006) | Top | <4>オフショア銀行口座にかかる税金(JAN10.2006)>>




Comment


コメント












管理者にだけシークレットコメントをおくる



Trackback
Trackback URL
→http://offshorebank.blog39.fc2.com/tb.php/45-da687cb4
FC2blog user only
| Top |
-- charset="euc-jp">