ホームへ戻る | メルマガ登録・バックナンバー | 無料レポート | 質問・お問合せお気に入りに追加




HSBCオフショア口座は、海外での資産運用に最適です!日本に居ながら開設できます!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




トップ(目次ページ)へ戻る

--/--/-- --:--


| top▲


海外口座はこう使う
★どんな使い方がいい?(その1)

日本から海外口座を使うなら、日々の生活用口座としては明らかに不便です。
入金はいちいち海外送金となります。
例えば1万円をアメリカの米ドル口座に銀行から送金すると、ドルへの為替手数料に加えて、送金手数料が約4千円かかります。
一方で、例えば500万円送ったとしても、送金手数料は同じ4千円。

このように、小額の資金を頻繁に出し入れするのは、銀行に手数料を寄付しているようなものです。
ですから、海外口座は、ある程度まとまった額のお金を預入れて、頻繁に出し入れはしないもの、と思ってください。


★どんな使い方がいい?(その2)

海外口座を日本から利用するなら、資産運用を目的とするのが一般的です。
例えば、定期預金の高利息で資産を増やす、海外ファンドの購入口座として使う、あるいは、日本のペイオフ対策として、預金保険制度のある国の高格付けの銀行に資産を置く、などです。


★どんな使い方がいい?(その3)

毎月給料の半分を海外口座に積立てたい!?
これはオススメできません。
給料の半分といえば、サラリーマンなら良くて20万円ちょっと。
先ほど説明した通り、そんな小額を毎月海外送金するぐらいなら、送金手数料を損するようなものです。せめて半年分ぐらいは日本で貯めてから、まとめて送金しましょう。


★どんな使い方がいい?(その4)

ある特定の国へ海外旅行や仕事でいく機会が多く、当地での便利さ優先するなら、わざわざ日本にいながら海外口座を開く必要はありません。
いろんな使い勝手を見ても、その国へ行って、窓口で口座を開設するのが有利に決まっています。

ただし、非居住者がその国の銀行口座をすぐに現地で開設できるとは限りませんで、それは調べてみないといけませんが、もし可能なら検討してみましょう。
スポンサーサイト




トップ(目次ページ)へ戻る

テーマ=海外口座 - ジャンル=株式・投資・マネー

2006/01/12 11:40


トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


<<海外口座の利息に対する課税は? | Top | 海外口座開設サポートってどうなの?>>




Comment


コメント












管理者にだけシークレットコメントをおくる



Trackback
Trackback URL
→http://offshorebank.blog39.fc2.com/tb.php/66-b36bf079
FC2blog user only
| Top |
-- charset="euc-jp">