ホームへ戻る | メルマガ登録・バックナンバー | 無料レポート | 質問・お問合せお気に入りに追加




HSBCオフショア口座は、海外での資産運用に最適です!日本に居ながら開設できます!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




トップ(目次ページ)へ戻る

--/--/-- --:--


| top▲


海外口座の利息に対する課税は?
日本に居住する日本人は、海外口座で得られた利益であっても、日本政府に対しては課税されるケースがありますので、注意が必要です。

日本の銀行や郵便局の口座についた利息は、その20%が政府に納められています。
源泉徴収ですから預金者自身は納税の手続きにかかわっていなので、知らない人もいるかもしれません。

でも、たとえ利息が10円しかなくても、そのうち2円は税金として引かれ、実際にあなたがもらえるのは8円だけ。それに対して、海外銀行の場合、海外なので日本の法律の力は及ばず、日本政府に源泉徴収などされません。

しかし利息などで得られた額に対して日本政府に課税される場合があります。その場合は確定申告しなくてはなりません。

具体的には海外銀行の預金利息はの日本の税法上、口座名義者の「雑収入」とみなされます。雑収入とは、簡単に言えば副収入のこと。
そして、雑収入は、年間20万円以下なら課税免除、20万円より多ければ確定申告することになっています。
 
つまり、年間(1月1日~12月31日まで)に、他に副収入がなく、さらに、海外口座についた利息が円換算で20万円以下ならば課税はありません! なので、もし他に副収入のない人なら、日本での課税はなしといっていいでしょう。

なにしろ、銀行預金の利息が年間20万円というのは、最も高金利のニュージーランドドル定期で年利6%としても、元金340万円相当以上もの預金をしている人しか対象になりません。ということは、ほとんどの人には課税なしといえます。


ただし、口座を開設する国の税制によってはその国で課税されますので注意が必要です。

そこで、海外口座を開き、ある程度の資金を預け入れるなら、オフショアの銀行を重点的に検討してみましょう。オフショアでは銀行預金の利息など、個人の収入に対する課税はゼロ、もしくは非常に低いというのが魅力です。

とはいえ、どの銀行に口座を開くかはこういう税制の面以外にも、言語や信頼度など、他にも検討すべきことはあります。これらを総合的に調べながら慎重に検討することが大切です。


最後に日本の税務署への納税額ですが、まず海外口座ですから普通、外貨で預金しているはずですよね。
そこで、どうやって利息額を円に換算するかが問題になりますが、それは「利息があなたの口座に入った時点での為替レート」で換算します。つまり、例えば 1ヶ月定期を繰返して行く場合、毎月の利息をその都度日本円に換算し、それらを12ヶ月分合計した額で判断することになります。
スポンサーサイト




トップ(目次ページ)へ戻る

テーマ=海外口座 - ジャンル=株式・投資・マネー

2006/01/13 13:11


トラックバック(0) | コメント(2) | top▲


<<海外口座の為替差益への課税は? | Top | 海外口座はこう使う>>




Comment
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2007/12/17 13:47】 | [ 編集] | top▲


ご質問ありがとうございます!

HSBCオフショアから毎月月次レポートを送ってくると思いますが、あれでOKです。

定期預金なら満期日と利息額が明記されていますので、あとは満期日の為替レートを別途調べておき、日本円に換算します。

これが申告額になるわけです。

これをその他の雑所得(FXでの確定益や原稿料他)があれば合計して、20万円以下ならば申告の必要なしとなります。

あと、雑所得には必要経費が認められていますので、その年に口座開設や海外送金をしたなら、それに関する費用、例えばパスポートなどの認証代、口座開設申込書の郵送代、海外送金時の為替両替手数料、送金手数料、また、海外口座に関する書籍購入費、インターネットの維持費など、要はその預金口座を開設、維持・管理し、その利息を得るのにかかった費用を経費として雑所得から差し引くことができます。

差し引いた額が20万円以下ならば申告の必要はなくなりますが、経費として認められるかどうかが微妙な費目もありますので、申告時に税務署に確認するべきでしょう。

ただしこれは一般的な会社員の場合です。個人事業主、あるいは年間所得が2千万円を超える会社員などについては税務署に確認してくださいね。
【2007/12/16 00:24】 URL | ケリー海野 [ 編集] | top▲




コメント












管理者にだけシークレットコメントをおくる



Trackback
Trackback URL
→http://offshorebank.blog39.fc2.com/tb.php/67-5f373f6c
FC2blog user only
| Top |
-- charset="euc-jp">