ホームへ戻る | メルマガ登録・バックナンバー | 無料レポート | 質問・お問合せお気に入りに追加




HSBCオフショア口座は、海外での資産運用に最適です!日本に居ながら開設できます!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




トップ(目次ページ)へ戻る

--/--/-- --:--


| top▲


オフショア・バンク・アカウント(4月06'更新)
<The Offshore Bank Account>

英ポンド、米ドル、ユーロの当座預金口座( current account)です。

普通、当座預金といえば利息はつかないものですが、このオフショア・バンク・アカウントには利息がつきます。ただ、普通預金よりは利息が低く設定されています。

HSBCオフショアに口座(総合口座)を開設する時には必ず、どれか一つの通貨を選択して、このオフショア・バンク・アカウントを開設しないといけません。

その後、例えば全額を定期預金に移したりすれば、これを閉じることもできます。

利息は、預金額によって決まり(もちろん額が大きいほど高利息)、毎月支払われます。

英ポンドと米ドルについては、デビットカードを作れます。
英ポンドとユーロについては、個人小切手帳をつけることができます。

開設時には、US$10000/¢10000/£5000が必要です。(最低預入れ額といいます。)

 ↑↑06年3月まで米ドルなら5000ドル、ユーロも
   5000ユーロから開設できたのですが・・
   一気に2倍に上がってしまいました(泣)

しかし、ペナルティについては、このオフショア・バンク・アカウントの残高のみで判断するのではなく、総合口座内の他の全ての口座の月間平均残高が£5000(約110万円)相当額を下回れば翌月ペナルティ、というルールになっています。
    
※ちなみにペナルティは、月15英ポンド(約3300円)です。

※総合口座を開設して最初の3ヶ月間については特例で、最低預入額不足によるペナルティは免除されます。
  
また、クレジットカードを持つなら、英ポンドのオフショア・バンク・アカウントが必須です。

つまり、HSBCオフショアでは、英ポンド建てのクレジットカードしか持てないということです。(プレミア口座をもてば他の通貨建てのカードでも作れます。)

※僕は最初からクレジットカードを申請するのはお勧めしていません。
なぜなら、そのためにはすでにあなたが持つ銀行口座についての3ヶ月分のステートメント(取引レポート)の添付が必要になり、それを英訳、認証(後日、説明しますね!)しなくてはならず、手間とコストがかかるためです。

それに、そのステートメントの残高があまりにも少なければ、クレジットカードは発行されない可能性もあります。

僕のオススメの方法としては、まずオフショア・バンク・アカウント(英ポンド)を開設、入金し、3ヶ月以上、少なくとも£5,000相当額以上の残高をキープします。

すると、それが信用条件として考慮されるので、その後なら申込書を書くだけで、比較的簡単に発行してもらえます。面倒な添付書類を準備しなくて済むので楽ですよ!
スポンサーサイト




トップ(目次ページ)へ戻る

テーマ=海外口座 - ジャンル=株式・投資・マネー

2006/02/08 10:43


トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


<<チェック・デポジット・アカウント | Top | これがHSBCオフショア口座だ!(10月06'更新)>>




Comment


コメント












管理者にだけシークレットコメントをおくる



Trackback
Trackback URL
→http://offshorebank.blog39.fc2.com/tb.php/77-8fd88022
FC2blog user only
| Top |
-- charset="euc-jp">