ホームへ戻る | メルマガ登録・バックナンバー | 無料レポート | 質問・お問合せお気に入りに追加




HSBCオフショア口座は、海外での資産運用に最適です!日本に居ながら開設できます!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




トップ(目次ページ)へ戻る

--/--/-- --:--


| top▲


デビットカードとクレジットカード
2007年12月現在、英ポンドだけでなく、ユーロ、米ドルでもクレジットカードを持てるようになっています。
詳しくはコチラ ⇒ 米ドル、ユーロでもクレジットカードが持てるようになりました!


-------以上に注意のうえ、以前の記事↓↓をお読みください----------

HSBCオフショア口座に付けることができるカードは、

★米ドル、あるいは英ポンドの当座預金口座につけることができるデビットカード
★英ポンドの当座預金口座につけることができるクレジットカード

他のHSBC支店のように、ATMカードというのはありません。

上記のデビットカード、あるいはクレジットカードがATMカードの役割も兼ねています。なので、デビットカード(クレジットカード)で、ATMから現金を引出すことができます。

さて、どこで利用できるかですが、日本では、郵便局のATMでこれらのカードが利用可能ですし、これ以外にも米ドルのデビットカードなら 「 Visa Electron 」 のマークがあるATMでも日本円が引出せますし、「 Visa 」 のマークがある店で買物もできます。

英ポンドのクレジット/デビットカードなら 「 Switch 」 または 「 Maestro 」 マークのあるATMが利用できますし、「MasterCard 」 のマークがあるお店で買物ができます。


デビットカード利用上の注意ですが、米ドル建てのデビットカードを持つならば、当座預金口座(オフショア・バンク・アカウント)の米ドル口座を、英ポンド立てのデビットカードなら、オフショア・バンク・アカウントの英ポンド口座を保持している必要があります。

デビットカードで使った、あるいは引き出した額は、即座にこのオフショア・バンク・アカウントから引き落とされます。つまり、この口座に使いたい(引き出したい)額以上の残高がなければ、デビットカードは使えません。

また、元になるオフショア・バンク・アカウントの残高がゼロのまましばらくたつと、口座を解約されてしまうので、カードを頻繁に利用する方は、口座残高には常に注意しておきましょう。


一方のクレジットカードですが、英ポンド建てのものしかありません。
※他の通貨でクレジットカードを持ちたいなら、通常の総合口座ではなく、プレミア口座(6万英ポンド=約120

0万円以上の運用者しか開設できません。)を持つ必要があります。

そして、英ポンドのオフショア・バンク・アカウントをきちんと保持しておく必要があります。残高ゼロのまま放置すると口座が解約されますので、自動的にクレジットカードも失効してしまいますので注意してください。

でもクレジットカードですから、カードを利用しても、すぐに口座から引き落とされるわけではありません。
あとから返済していきます。利用日から59日間以内に全額返済すれば無利息ですが、その後は残金に対して金利がついていきます。

ちなみに、クレジット限度額は2000英ポンドまでとなっています。
スポンサーサイト




トップ(目次ページ)へ戻る

テーマ=海外口座 - ジャンル=株式・投資・マネー

2006/02/14 11:25


トラックバック(0) | コメント(2) | top▲


<<なぜクレジットカードにこだわるの? | Top | オンライン・ゼイバーズ・アカウント>>




Comment
ラクーンさん、ご質問、ありがとうございました!

口座開設、本当におめでとうございます!!

返答は、 http://offshorebank.blog39.fc2.com/blog-entry-218.html に書きましたので、参考にしてください。

では、また!
【2006/10/27 00:35】 URL | ケリー海野 [ 編集] | top▲


こんにちは!
私もようやく口座開設を認められました(^^)
居住証明は住民票とクレジットの請求書を英訳してもらい、さらに公証人に認証・アポスティーユまで発行してもらいました。
再提出だったからなのですが、メールの中には・・・

*Please note that all copies of documentation requested must be certified
as a true copy of the original by one of the following:-
A Licensed Bank, Notary Public or British Embassy or Consular Official

・・・となっていたので行政書士を諦めたのでした。

ところで、デビットカードのことで質問があります。
カードの表面にはシールが貼ってあって、電話してアクティベートする必要があるように書かれています。
PINも届いたのですが、これでは使えないのでしょうか?
長々と失礼しました。
【2006/10/25 21:44】 URL | ラクーン [ 編集] | top▲




コメント












管理者にだけシークレットコメントをおくる



Trackback
Trackback URL
→http://offshorebank.blog39.fc2.com/tb.php/83-d63373c5
FC2blog user only
| Top |
-- charset="euc-jp">