ホームへ戻る | メルマガ登録・バックナンバー | 無料レポート | 質問・お問合せお気に入りに追加




HSBCオフショア口座は、海外での資産運用に最適です!日本に居ながら開設できます!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




トップ(目次ページ)へ戻る

--/--/-- --:--


| top▲


口座開設手順
郵送で日本の銀行口座を開設したことがある方は、だいたいあれと同じなので、イメージしやすいと思います。

そうでない人にとっては、どうやって口座を開設するのか、イメージがわかないかもしれません。もしかするとインターネットだけですべての開設申込み手続きがすぐできると勘違いしている人もいるかもしれませんね。

口座開設手順は、

(1)口座開設申込書の依頼&入手
(2)申込書の記入と、必要な添付書類の準備
(3)郵送し、審査結果を待つ
(4)問題なければ、仮口座が開設され、ネットバンキングも可能になる。
(5)初期資金を送金する
(6)初期資金が無事入金される ⇒ 開設完了!!

という流れになります。
これは他のオフショア銀行などもほとんど同じだと思います。

それぞれの手順の詳しい内容は順を追って今後説明していきますが、その前に、口座開設にあたってぜひ知っておかなくてはならないことがあります。


それは、せっかく開設を申し込んでも「 拒否される 」場合もあるということです。

日本人の感覚だと、銀行口座というものは申込めば誰でも簡単に開設できるものですが、海外、とくにオフショア銀行は、マネーロンダリング対策が世界的に厳しくなってきている中、開設が難しくなってきていると言われています。

例えば、余りに収入とかけ離れた資金を預けようとする人や、住所や連絡先、あるいは申込書の記入内容の怪しい人、犯罪の匂いがする人!?などは、きちんと向こうが納得できる説明をできなければ開設できません。

さらに、仮開設できたにもかかわらず、なかなか初期資金を送金しない人、開設時最低預入額に満たない資金しか送金しなかった人、・・などなど、いろんなケースが考えられます。


とにかく、事前に口座開設に関する情報を丁寧に確認し、予備知識を持つことがまず大切です。そうすれば、ほとんどのトラブルは予想できるはず。

特に初めての人は、添付書類の準備にかなり手間取るものです。

しかも書類は新しいものでなければならないため、申込書の準備に何ヶ月もかけることはできません。でも実際、分からないことがあればいろいろ調べたり、問合せたりすることも必要になります。

そうこうしていると意外と日数がかかるものです。

ですからスムーズな開設のためには、きちんと事前に手続きの流れを予想して、十分な資金も準備し、すべてを見切ってから申請書と添付書類の準備を開始するぐらいの余裕を持つことが一番のコツだと思います。
スポンサーサイト




トップ(目次ページ)へ戻る

テーマ=海外口座 - ジャンル=株式・投資・マネー

2006/03/01 18:27


トラックバック(0) | コメント(1) | top▲


<<重要!気軽に申込書を取寄せてはいけない(書換えました..2006年10月) | Top | ネットバンキングに必要なもの>>




Comment
このコメントは管理者の承認待ちです
【2010/06/29 15:01】 | [ 編集] | top▲




コメント












管理者にだけシークレットコメントをおくる



Trackback
Trackback URL
→http://offshorebank.blog39.fc2.com/tb.php/88-70dbd6a4
FC2blog user only
| Top |
-- charset="euc-jp">