ホームへ戻る | メルマガ登録・バックナンバー | 無料レポート | 質問・お問合せお気に入りに追加




HSBCオフショア口座は、海外での資産運用に最適です!日本に居ながら開設できます!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




トップ(目次ページ)へ戻る

--/--/-- --:--


| top▲


銀行から電話がかかってきたら・・
(注)06年9月時点で、申込書をダウンロードする際に自分の名前や電話番号を申告する必要がなくなりました。ですからもう申込書をダウンロードしただけで銀行から電話がかかってくることはなくなりました。

---(↓↓以前の記事、参考までにしばらく残しておきます。。---)

申込書を入手した段階でかかってくる電話にきちんと応えようとするなら、入手した申込書やいっしょに送られてくるパンフ等をよく読み、次の質問に対する答えを英語で準備しておきましょう。

「どうしてHSBCオフショアの口座を開きたいのですか?」
「どの口座にどれぐらいの資金を預ける予定ですか?」

答えを準備できた方は、頑張ってトライしてみてください。

でも英語が苦手な方、または会話を始めたけど途中であまり意思疎通ができてないな・・と感じたりした方、素直に「英会話が苦手なので、電話ではなく、Eメールでやり取りさせてほしい」といって、メールアドレスを伝えましょう。そうすればメールで対応してくれます。

具体的には、"Excuse me, could you contact me by Email? I cannot communicate because of my poor English." などと切り出し、メールアドレスを伝えます。

メールアドレスを伝える、といっても、英会話に慣れていない人にとっては大変です。

申込書を入手するときに、こちらの名前や住所、電話番号やメールアドレスなどは伝えているので、向こうもメールアドレスは知っているはずなのですが、聞かれるようです。

これは本人であるかどうかの確認の意味だと思います。

ですから、少なくとも、自分の名前、電話番号、メールアドレスぐらいは英語で言えるようにしておきましょう。

ちなみに電話番号は、数字を頭から順番に読んでいきます。
例えば 123-5678 なら、「ワン・トゥー・トゥリー、ファイヴ・シックス・セヴン・エイト」です。

名前、メールアドレスは、アルファベットを発音するだけですが、日本語発音は意外と通じにくいものです。しかしこの場合は向こうも手元にあなたの情報があり、確認するだけですからそんなに苦労はないと思いますが・・。

もしも英語で何とか答えられれば、最後に「口座開設にあたり、ほかに何か質問はありませんか?」と聞かれると思います。

何かあれば質問しましょう。でも、確実にするならやはりメールでやりとりしたほうが安心です。時間はかかりますが。


英語表現、対応例などについては、今後このブログにまとめるつもりですので、しばらくお待ちください。(申し訳ありません)
スポンサーサイト




トップ(目次ページ)へ戻る

テーマ=海外口座 - ジャンル=株式・投資・マネー

2006/03/04 18:33


トラックバック(0) | コメント(0) | top▲


<<(1)-1.申込書の入手について(書換えました。2006年10月) | Top | 重要!気軽に申込書を取寄せてはいけない(書換えました..2006年10月)>>




Comment


コメント












管理者にだけシークレットコメントをおくる



Trackback
Trackback URL
→http://offshorebank.blog39.fc2.com/tb.php/90-ea965177
FC2blog user only
| Top |
-- charset="euc-jp">