ホームへ戻る | メルマガ登録・バックナンバー | 無料レポート | 質問・お問合せお気に入りに追加




HSBCオフショア口座は、海外での資産運用に最適です!日本に居ながら開設できます!!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




トップ(目次ページ)へ戻る

--/--/-- --:--


| top▲


(3)郵送し、審査結果を待つ
さあ、申請書への記入と添付書類の準備ができたら、いよいよHSBCオフショアへ郵送です!

さて、ここで2つ注意があります。

ひとつは、書類は、開設希望の支店へ送ること。

マン島の支店へ希望ならマン島へ、ジャージー島ならジャージー支店へ、ガンジー島ならガンジー支店へ。
マン島の支店へ希望なのにジャージーへ送ったりすることのないように(くどいかな?)

これは開設申込書の4枚目に注意事項として、しっかりと書かれてありますのでお見逃しなく。

それと、HSBCオフショアは、の正式名は「 HSBC Bank International Limited 」です。HSBCオフショアは通称なのでお間違えなく。


もうひとつは、書類一式のコピーをとっておく、ということです。
もし何かHSBCオフショアから問合せでも来た場合、申込書や添付書類のコピーがないと不便です。
それに結構苦労して作ったはずですし、僕は記念に永久保存するつもりです。

できれば、EMSで送るのがオススメです。
ネットで配送状況をチェックできるし、DHLなどより割安です。

審査結果は気長に待ちましょう。
早い人なら申請書の発送から2週間ほどでウエルカムパックを受け取った方もいらっしゃいます。

最近は、昔よりも対応が早くなったような感じですが、それでも1ヶ月ぐらい何も音沙汰なくても普通です。気長に待ちましょう。

どうしても気になる人は、担当者へメールで審査状況を問い合わせてみてください。
スポンサーサイト




トップ(目次ページ)へ戻る

テーマ=海外口座 - ジャンル=株式・投資・マネー

2006/03/12 20:10


トラックバック(0) | コメント(3) | top▲


<<(4)仮口座の開設、ネットバンキングも可能になる | Top | HSBC東京と大阪支店のサービスは?>>




Comment
コメントありがとうございます。

たかさんの1週間はすごいですね!?
たしかに最短かも。。

ラクーンさん、住民票はどうでしょう?
【2006/10/21 01:26】 URL | ケリー海野 [ 編集] | top▲


羨ましいです。

私は今日、居住証明の不備で再提出することになるとのメールを受け取りました。
公共料金の請求書が無いので、銀行の残高証明書を英文にしてもらって送ったのですが、クレジットカードの請求書は住所の部分だけを自分で訳して認証してもらって送ったのですがダメでした。
カードの請求書をまるまる英訳してもらって送れば良いなら頑張りますが、他には証明できるものがなくて困っています。
【2006/09/19 23:36】 URL | ラクーン [ 編集] | top▲


御世話になっております。
私は郵送日から一週間で、口座開設了解のメールいただきました。
IDはメールでわかります。PINは別送みたいです。
もしかしてこれは、最短記録でしょうか?
そんなことないですよね・・・(笑)
【2006/09/17 20:12】 URL | たか [ 編集] | top▲




コメント












管理者にだけシークレットコメントをおくる



Trackback
Trackback URL
→http://offshorebank.blog39.fc2.com/tb.php/98-23569951
FC2blog user only
| Top |
-- charset="euc-jp">